どうする家康ネタバレとあらすじ 第24話「築山へ集え!」

どうする家康ネタバレとあらすじ 第24話(瀬名・信康の謀反) 映画・ドラマ
スポンサーリンク

NHK大河ドラマ「どうする家康」の第24話「築山へ集え!」のネタバレとあらすじをご紹介します。

この記事には大河ドラマの内容のネタバレが含まれています。

事前に内容を知りたくない方は、適宜読み飛ばしてください。

スポンサーリンク

どうする家康ネタバレとあらすじ 第24話「築山へ集え!」

6月25日放送予定の「どうする家康」第24話「築山へ集え!」の内容です。

前回の第23話「瀬名、覚醒」では、瀬名と信康が不安に飲み込まれていく様子が描かれました。

瀬名は武田方の間者・千代に「家康を憎んでいるのではないか」と問われます。

瀬名は面には出しませんでしたが、全くの的外れとは言えないこの指摘に、思うところがあったようです。

一方で、虫も殺せない男だった信康は、どんどん過激になっていきました。

戦では積極的に敵を斬ろうと息巻き、水野信元を騙し討ちにした父・家康を卑怯者だと罵り、挙句の果てに罪もない通りすがりの僧を斬り捨てるという事件まで起こします。

尋常ではない様子の信康を、瀬名が引き取り、ひとまず築山の瀬名の家に連れ帰りました。

夜、落ち着いた信康は我に返ります。

皆の望みどおり強くなったが、自分が自分でなくなっていく…

いつまで戦わなくてはならないのか…

信康は、瀬名が思っていたよりも遥かに深く傷ついていました。

第24話「築山へ集え!」はこの続きから始まります。

スポンサーリンク

悪い噂

家康の耳に築山に関する悪い噂が届きます。

信康が築山に入り浸っており、子飼いの家来たちで守りを固めて、砦のようにしていると言います。

しかも、築山からあちこちに密書が飛んでおり、連日、身元の分からない怪しげな者たちが潜んできているらしいとのことです。

大久保忠世:「…武田の間者ではないかと…」

瀬名と信康が武田と通じているなど、家康には信じられません。

数正:「岡崎が離反するようなことだけは、避けなければなりませぬ!」

家康の動揺を見てとり、石川数正が冷静に核心を突きます。

家康:「わしは、妻と息子を信じておる」

数正:「信じれば、物事が落着するわけではござらん!」

正論で言い返され、家康はぐうの音も出ません。

そこへ平八郎、井伊万千代が混ざって言いたいことを言います。

憤慨して立ち去ろうとした家康を、左衛門尉が引き止めました。

左衛門尉:「手を打つべきかと!信長様のお耳に入る前に」

数正:「もう入っているかもしれん…五徳様が何も気づかぬわけがない…」

数正の読みはどうやら当たっていました。

信長から鷹狩の誘いが来たのです。

スポンサーリンク

鷹狩

信長「五徳がいろいろ申しておる」

人里離れた農家で、鳥を頬張りながら信長が切り出しました。

案の定でした。

これまでも鷹狩の誘いが、鷹狩だけで終わった試しがありません。

家康:「…信康とはときにたわいない喧嘩をすることもありますが、夫婦とはそのようなものでございましょう。」

家康はこわばった笑みを浮かべてなんとかごまかそうとします。

もちろん、そのような苦しい言い訳にごまかされるような信長ではありません。

信長:「水野のようなことは、あれきりにしたいものよ。」

冷ややかな視線で脅してきます。

信長は決して裏切りを許さない…

家康は手を打たざるを得なくなりました。

スポンサーリンク

決定的な証拠

翌年の春。

家康は浜松城で服部半蔵から報告を受けていました。

「唐人(からびと)」と称する医者が、頻繁に築山に出入りしているとのことです。

半蔵:「武田の名のある武将と見て間違いございません。しかも、かなりの重臣かと。」

この唐人と呼ばれる人物、正体は穴山信君(梅雪)(あなやまのぶきみ・ばいせつ)という武田氏の一門で、武田家の重臣でした。

穴山梅雪だけではなく、このひと月ほどの間に他にも様々な武士たちが築山を訪れていました。

その顔ぶれを聞いた家康たちに衝撃が走ります。

半蔵:「…今朝も、築山に茶や菓子が運び込まれた様子。明日にでもまた誰かをもてなすのでは…?」

…皆が家康を見つめ、決断を待ちます。

ここまでの証拠が揃っていてはやむを得ません。

家康:「…兵を集めよ、今すぐ

スポンサーリンク

無邪気な側室

その夜、家康は万千代と腹ごしらえをしながら、小声で計画を話していました。

家康:「瀬名や信康に知られぬように動け。大樹寺に兵を控えさせ、機を見て築山に…

そこへ―――

於愛:「あら、築山に参られるんですか?いいなあ、私も行きとうございます!」

タイミング悪く、側室の於愛がやってきました。

以前書物の話で瀬名と打ち解けた於愛は、「お方様に『伊勢物語』を貸して差し上げよう」などと嬉しそうに話しています。

いつもはこの於愛の無邪気さに癒やされている家康ですが、このときばかりは複雑な表情で黙り込むしかありませんでした。

スポンサーリンク

築山突入

翌日、大樹時に武装した家康と家臣たちが集まります。

万千代:「築山に客人が入ったそうで!武田の将とおぼしき唐人の医者!

待機していた家康たちに、万千代が急いで知らせに来ました。

左衛門尉:「指図あるまで決して動くな。殿とわしと数正で乗り込む。」

そこへ、五徳が七之助とともに現れます。

五徳:「一緒に連れて行ってくださいませ!」

家康:「…来るがよい」

家康たちが一気に築山に突入すると、瀬名と信康は家康たちを迎えるようにして待っていました。

そこで、家康は瀬名の胸の内を知ることになるのです。

瀬名:奪い合うのではなく、与えあう…

信康:誰も殺したくない、戦をやめましょう

ーーー

東国に新たな強い国をつくる

強き獣と強き獣は闘うのではなくにらみあうのみ…

信長とや他の大名たちと戦わなくて済む、瀬名の壮大な作戦が明かされます。

…その計画は、武田勝頼によって織田信長の知るところとなりました…


第25話へ続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました