鎌倉殿の13人の呼び名「しいさま」「へいろく」「かばどの」は誰?

鎌倉殿の13人 映画・ドラマ
スポンサーリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、登場人物たちは本名で呼び合わないという形式をとっています。

これは、実際に当時の人達が本名で呼び合わなかったという風習にあわせたものですが、ドラマを見ている側からすれば、誰のことを言っているのかわからないことがよくあります。

そこで、「鎌倉殿の13人」で、登場人物たちがどのように呼ばれているのかという情報をまとめます。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人での登場人物たちの呼び名

「登場人物たちが何と呼ばれているのか」というのを以下にまとめています。

人によって呼び方が違ったり、同じ呼び方の人が複数人いたりするのでややこしいのですが、ドラマを見ていて誰のことを呼んでいるのかわからなかったら、これで確認してみてください。

こしろう

主人公:北条義時です。

鎌倉殿の13人公式Twitterより

この呼び方は毎回出るので、覚えた方も多いかもしれません。

小四郎と書きます。

なお、この小四郎というのは「四男」という意味ではなく、「四郎の息子」という意味です。

しいさま

義時の父、北条時政のことです。

鎌倉殿の13人公式Twitterより

妻のりくが「しいさま」と呼びます。

彼の通称が四郎(しろう)であるためだと思われます。

すけどの・かまくらどの・ぶえい

源頼朝のことです。

鎌倉に入る前は佐殿(すけどの)、鎌倉入後は鎌倉殿(かまくらどの)、上総介広常からは武衛(ぶえい)と呼ばれます。

関連記事:すけどのとは?

さぶろう

義時の兄・北条宗時のことです。(三郎)

序盤でいなくなってしまいましたので、あまり聞かなかったかもしれません。

とうくろう

藤九郎と書きます。

安達盛長のことです。

くろう・おんぞうし

九郎・御曹司と書きます。

源義経のことです。

むさしぼう

これは有名かもしれません。

武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)のことを源義経がこう呼びます。

だいごぜんじ

あまり聞かないかもしれませんが、源頼朝の弟で僧侶の阿野全成のことです。

漢字にすると「醍醐禅師」です。

かばどの

蒲殿と書きます。

頼朝の弟、源範頼のことを指しています。

遠江国の蒲御厨(かばのみくりや)で生まれ育ったため「蒲殿(かばどの)」「蒲冠者(かばのかじゃ)」と呼ばれていました。

なお、御厨と言うのは「所領」というような意味です。

かじゃどの

木曽義仲の息子、源義高のことです。

冠者と書きます。

「冠者」は若者というような意味です。

じゅうろう

ドラマで頼朝が疎ましがっている叔父の源行家のことです。

源氏でしかも頼朝の縁者であるためあまり「十郎」と呼ぶ人はいません。

じさま

伊東祐親のことです。

主人公・北条義時、三浦義村などの祖父にあたるため、彼らは爺様(じさま)と呼んでいます。

じろう(3人)

三浦義澄・土肥実平・畠山重忠の3人は、通称がともに次郎です。

ややこしいので、名字で呼ばれていることが多いような気がします。

へいろく

三浦義村のことです。

こう呼ぶのは、父・三浦義澄と北条義時くらいかもしれません。

平六と記します。

こたろう

和田義盛のことです。

実は三浦と血縁関係にあります。

漢字で書くと小太郎です。

へいしろう

平四郎と書きます。

あまり聞かないかもしれません。

岡崎義実のことです。

とうしろう

比企能員のことです。

漢字で藤四郎。

母親の比企尼くらいしかこう呼んでない気がします。

へいぞう

梶原景時のことです。

平三です。

気軽に呼べる雰囲気ではないからなのか、みんな梶原殿と呼んでいる気がします。

へいしょうこく

平相国と書きます。

平清盛のことです。

相国とは中国の官位のことで「首相」というような意味を持ちます。

みたち

御舘と書きます。

奥州藤原氏の藤原秀衡のことです。

源義経がこう呼んでいます。

左側の位の高そうなおじいちゃんが藤原秀衡です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました