仁田忠常の最期はどうなる?曾我兄弟事件・比企の乱で活躍した武将

仁田忠常 映画・ドラマ
スポンサーリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でお笑いコンビ「ティモンディ」の高岸さん演じる仁田忠常という人物がいます。

役柄にも高岸さんの人柄がにじみ出ていて、非常に人の良さそうな人物に見えます。

この仁田忠常という武将はオリジナルキャラではなく、実在した人物です。

このあと彼はどうなるのでしょう。

スポンサーリンク

仁田忠常の最期は?

仁田忠常がピンと来ない人のために…この人です。↓

仁田忠常は、謀反の疑いをかけられて暗殺されます。

別の説もあり、その説では北条義時に討たれています。

どういうことかというと、まず、仁田忠常は北条時政の命令により、比企能員を謀殺しました。

すると、その直後に第二代将軍・源頼家から今度はその北条時政を討つように命じられます。

その状態で、比企能員を討ち取ったことの賞を受けるため、忠常は北条時政の館へ向かいます。

忠常が頼家の命令どおり北条時政を討とうとしていたのかどうかはわかりません。

ですが、忠常の帰りが遅いことで部下たちが「忠常様が謀反の疑いで討たれた」と早合点してしまいます。

そのうえで仇討ちのため、当時北条義時のいた将軍御所へ攻め込んだようです。

忠常はこのとき普通に酒宴に参加していただけですが、結果的にこれで忠常本人にも謀反の疑いがかけられ、討たれてしまいました。

スポンサーリンク

曾我兄弟の仇討ち・比企能員の変で活躍

仁田忠常は「曾我兄弟の仇討ち」と呼ばれる事件で、曾我兄弟の兄である「曾我祐成」を討ち取っています。

関連記事:曽我兄弟の仇討とは?

また、比企能員の変では、比企能員の暗殺という重要な役割を担っています。

関連記事:比企能員の変とは?

北条時政の側近として活躍した仁田忠常ですが、源頼家にも近かったため、最終的には北条時政への謀反の疑いで討伐されてしまいました。

そもそも謀反を起こす気配すらない状態で、部下が暴走してしまったうえでの成敗だったので、なんとも釈然としない可愛そうな最期だったのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました