比企能員の変(比企の乱)ってどんな事件?鎌倉殿では最期はどうなる?

比企能員の変 政治・経済
スポンサーリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で比企能員を演じる佐藤二朗さんが、SNSで最期のシーンの撮影をほのめかす内容の投稿を行っています。

比企能員は比企能員の変(比企の乱)と呼ばれる事件で最期を迎えることになりますが、この事件はどのようなものだったのでしょうか?

スポンサーリンク

比企能員の変(比企の乱)とは?

比企能員の変(比企の乱)とは、鎌倉時代初期に起きた比企氏と北条氏の権力争いの事件です。

「13人」のメンバー同士の戦いです。

この事件で比企氏は北条氏に滅ぼされることになります。

スポンサーリンク

事件の背景

源頼朝の死後、わずか18歳であった源頼家が鎌倉殿の跡を継ぎます。

これを補佐する、あるいは頼家の暴走を止めるという名目で「十三人の合議制」という仕組みが作られます。

鎌倉殿の権力は減少し、代わりに「13人」が大きな権力をもつことになったわけです。

するとこの「13人」の中で権力争いが起こります。

最初に脱落したのは「梶原景時」でした。

梶原景時は源頼家の信任が厚く頼りにしていた人物なので、頼家にとって大きな打撃となります。

忠臣を失った将軍頼家は、「比企能員」を頼りにするようになります。

比企能員は頼家にとって義理の父親にあたります。

頼家は比企氏との関係が深い人物です。

数人いたとされる乳母は主に比企一族から選ばれており、頼家の妻である「若狭局」は比企能員の娘です。

頼家の嫡男「一幡(いちまん)」もこの若狭局が産んでいます。

頼家が比企氏を重用するようになると、北条氏は危機を覚えます。

もともと北条氏が小さな豪族から幕府の中心にまで上り詰めたのは、北条政子が源頼朝と結婚したからです。

となると、このままでは「頼朝の跡を継いだ頼家」と結婚した若狭局の一族である「比企氏」が自分たちを凌ぐ力を持ってもおかしくありません。

事実、頼朝から頼家に代替わりする際、頼朝の義理の父親である北条時政は普通の御家人の立場に転落していました。

「権勢を強めつつある比企氏」と「没落の兆候に危機感を覚えた北条氏」の間で血なまぐさい権力争いが勃発します。

スポンサーリンク

比企能員の変(比企の乱)の概要

「十三人の合議制」の制度ができた3年後、第二代将軍源頼家が危篤に陥ります。

この段階で北条時政は早くも相続の話をし始めます。

内容は「頼家の子・一幡」と「頼家の弟・実朝(後の第三代将軍)」に領地を半分ずつ承継させるというものです。

通常であれば子の一幡がすべての領地を相続するのが筋であるため、これを知った比企能員は大いに不満を抱きます。

能員は病床の頼家にこの事を告げると、頼家は怒って北条時政討伐を比企能員に命じます

嘘かホントかわかりませんが、このとき、障子の影に北条政子がいました。

政子は父である時政にこの事を伝えます。

時政は「13人」の一人である大江広元に比企能員討伐を相談。

広元は明言こそしなかったものの、討伐に同意します。

支持を取り付けた時政は、「仏事の相談(おそらく頼家の葬式について)がある」と偽って能員を呼び出します。

時政討伐の密議がバレている事を知らない能員は、危険であるとの一族の制止を振り切り、平服で時政の元へ向かいます。

能員は時政の屋敷に入った途端、待ち構えていた時政の部下に取り押さえられ、竹やぶに倒されたまま刺されて亡くなります

このとき能員には従者が同伴していました。

従者はなんとか逃げ帰り、比企一族に能員の謀殺を知らせます。

比企一族は屋敷に立てこもります。

すると、北条政子が「これは謀反である」として比企一族討伐を命令。

北条義時が大将となり、大軍勢が比企一族を攻め立てます。

追い詰められた比企一族は屋敷に火を放ち、多くがその中で自決。

頼家の嫡男である一幡もこのとき亡くなっています。

逃げ出した者も後に捕らえられ処刑されています。

こうして権力の絶頂に上りつつあった比企一族は、わずか1日で滅亡しました。

スポンサーリンク

鎌倉殿では比企能員はどうなる?

5月9日に比企能員役の佐藤二朗さんが投稿したTwitterの内容がこちらです。

佐藤二朗さんTwitterより

5月上旬ごろに「比企能員の変」の撮影が行われているようです。

投稿には「意外な演出」、「小栗旬さん(北条義時役)と坂東彌十郎さん(北条時政役)が真剣に提案」とあります。

最期という言葉があるので結末は変わらなそうではあるものの、三谷幸喜さんの脚本ということもあり、通常の「比企能員の変」とはひと味違った展開になりそうな雰囲気が出ています。

「比企能員の変」は源頼家が亡くなってしばらくたった後の事件なので、放送まではまだ期間がありそうですが、楽しみに待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました