映画・ドラマ

映画・ドラマ

平知康とは一体何者?後白河法皇の側近で源頼家の蹴鞠相手ってどういうこと?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に「平知康(たいらのともやす)」という人物が登場します。 後白河法皇と一緒にいたと思ったら、いつの間にか鎌倉で源頼家に蹴鞠を教えているというよくわからない立ち位置の人物です。 彼は一体何者なのでしょ...
映画・ドラマ

北条政範とは誰?北条氏内紛のきっかけとなった人物の鎌倉殿登場の可能性

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、源頼朝が亡くなった後、鎌倉は混乱が大きくなり、権力争いも活発になってきました。 ところでこの後「鎌倉殿の13人」に登場するか、少なくとも名前が上がるであろう「北条政範(ほうじょうまさのり)」という人物...
映画・ドラマ

一幡(いちまん)千幡(せんまん)善哉(ぜんざい)とは誰のこと?鎌倉殿の家系

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、十三人の合議制が始まり、頼家が鎌倉殿となって政を行うようになりました。 すると、早くも跡継ぎ問題が浮上します。 この頃、頼家はまだ二十歳にもなっていません。 ですが、いつ何が起こるか分から...
映画・ドラマ

源頼家の側近はどんな人?十三人の合議制に反発して置いた5~6人衆

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、いよいよ「十三人の合議制」が始まり、ドラマタイトルの13人が勢ぞろいしました。 しかし、北条義時が高らかにそのことを伝えた直後、頼家は反発し、6人の近習を呼びました。 頼家は、自分がこの6人の近...
映画・ドラマ

名刀の主とはどんな意味?鎌倉殿の13人の意味深なタイトル

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第28話のタイトルが「名刀の主」であることが発表されました。 この意味深なタイトルに注目が集まっています。 この第28話では、主に「梶原景時の変」という事件が取り上げられます。 (関連記事:...
映画・ドラマ

安達景盛と源頼家の仲はどうだった?後に北条の縁者に。政子の演説も代読。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に安達景盛という人物が登場します。 彼の父は源頼朝の流人時代からの側近「安達盛長」です。 ドラマでは頼朝死去の際、「最も親しい者」として、頼朝の遺骨を墓に納骨する役を務め、葬儀が終わると...
映画・ドラマ

足立遠元とはどんな人物だった?頼朝の側近安達盛長とは親戚?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に足立遠元(あだちとおもと)という御家人が登場します。 ドラマでは主に「大姫の遊び相手」としてよく登場していましたし、元芸人の大野泰広さんが演じていることもあって、どこかコミカルな人物として描かれています...
映画・ドラマ

千葉常胤の最期はどうなった?実は上総広常とは親戚関係?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に「千葉常胤」という御家人が登場します。 岡本信人さんが演じており、下総の重鎮として描かれています。 ドラマでは、源頼朝挙兵直後はかなり重要な役割を果たしていましたが、鎌倉幕府ができてからはめっきり...
映画・ドラマ

土肥実平(どいさねひら)の最期はどうなる?頼朝挙兵から加わった重鎮

「鎌倉殿の13人」で、源頼家を補助するという名目のもと、13人の宿老達が選ばれました。 ドラマでは、最初は文官と梶原景時の5人体制のつもりが、北条と比企の思惑により、最終的に13人となっています。 このとき、この合議体に加わり...
映画・ドラマ

北条政子と源頼家は仲が悪かったの?実の息子に対して厳しすぎない?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、源頼朝が亡くなると、次の鎌倉殿として「源頼家」がその跡を継ぎます。 この後、頼家を含めた鎌倉幕府内の中心人物たちが熾烈な権力争いを繰り広げるのですが、この争いの中で、北条政子が実の息子である源頼家に少...
タイトルとURLをコピーしました