映画・ドラマ

映画・ドラマ

北条朝時とはどんな人物?鎌倉殿に出ない義時の後継者候補

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、主人公・北条義時の子は、ほぼ長男の北条泰時しか出ていません。 ちらっと子供時代の息子たちが出てきたようなシーンはありますが、個別のキャストの名前としても出ていません。 北条義時の子は史実では少...
映画・ドラマ

鎌倉殿の13人のタイトル「オンベレブンビンバ」とは何のこと?意味は?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第37話のタイトル「オンベレブンビンバ」がちょっとした話題になっています。 「オンベレブンビンバ」という言葉は、調べても意味が出てきません。 イタリア語説、仏教用語説などいろいろと予想されています...
映画・ドラマ

牧氏事件の詳細 りくの陰謀と執権北条時政・北条義時親子の決別

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に、主人公・北条義時の父親である「北条時政」と、その再婚相手の「りく」が紹介します。 2人とも最初からドラマのメインキャラクターであり、主人公・義時と力をあわせて北条のために尽力してきました。 です...
映画・ドラマ

時を継ぐ者執権北条氏の家系と小田原・後北条氏との関係

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で主人公・北条義時が父の北条時政から執権の地位と北条の棟梁を受け継ぎます。 鎌倉殿の13人の第38回のサブタイトルは「時を継ぐ者」となっており、代替わりを協調しています。 このタイミングで北条時政と...
映画・ドラマ

平賀朝雅(ひらがともまさ)の系図 牧氏事件でなぜ将軍候補になった?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で主人公・北条義時とその父・北条時政の対立が先鋭化してきました。 彼らは「牧氏事件」と呼ばれる事件で決定的に決裂してしまいます。 (関連記事:牧氏事件) この牧氏事件は、北条時政とその妻・牧氏...
映画・ドラマ

【鎌倉殿】阿野時元(あのときもと)とはどんな人物?全成の子が敵に

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に阿野時元(あのときもと)という人物が登場することが判明しました。 あまり聞き馴染みのない名前だと思うので、どんな人物なのか、ごく簡単にまとめます。 阿野時元(あのときもと)とは? 阿野時元は...
映画・ドラマ

稲毛重成(いなげしげなり)と畠山重忠の関係 親戚なのに騙し討ちに

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で「畠山重忠の乱」が描かれます。 あまり有名ではありませんが、坂東武士の鏡と言われる畠山重忠の最期には、親戚である稲毛重成が関わっていました。 稲毛重成と畠山重忠の関係性と「畠山重忠の乱」での稲毛重...
映画・ドラマ

後鳥羽上皇と源実朝の関係 暗殺で鎌倉幕府と朝廷に溝が出来た?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のクライマックスは恐らく「承久の乱」になるものと思われます。 承久の乱は「鎌倉幕府と朝廷」が真正面からぶつかった戦で、その後数百年続く武家政権確立のきっかけとなった大戦です。 この大戦が起こったのは...
映画・ドラマ

畠山重忠の妻と子孫 恋ヶ窪の地名の由来とさかさ矢竹の伝説

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の人気キャラクター、中川大志さん演じる畠山重忠が謀反を疑われて退場することになります。 畠山重忠の妻と子孫はその後どうなったのでしょうか? また、畠山重忠は数々の伝説を残していますので、この機会にい...
映画・ドラマ

【鎌倉殿】源実朝が「雪の日は出歩くな」と歩き巫女に占われた意味

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、大竹しのぶさんが演じる「歩き巫女」という占い師が登場しました。 彼女は源実朝を占い、「雪の日は出歩くな。災いが待っている。」と告げます。 これは何を意味しているのでしょうか? 源実朝が「雪...
タイトルとURLをコピーしました