映画・ドラマ

映画・ドラマ

中原親能・三善康信・二階堂行政とはどんな人物?13人メンバーの文官達

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、源頼朝が倒れ、「次の鎌倉殿をどうするか」という展開が訪れます。 この後、源頼家が2代目鎌倉殿を承継すると、ドラマのタイトルにもなっている「十三人の合議制」という体制が作られることになります。 こ...
映画・ドラマ

大江広元の最期はどうなる?鎌倉幕府の重鎮で子孫には毛利元就なども

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に大江広元(おおえのひろもと)という官僚が登場します。 栗原英雄さん演じるこの人物は、源頼朝の知恵袋として活躍しています。 「十三人の合議制」のメンバーのうち一人となったこの大江広元は、どのような人...
映画・ドラマ

鎌倉幕府の十三人の合議制とは何だったのか?仕組みを簡単に

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が盛り上がりを見せています。 このドラマのタイトルは、鎌倉幕府の「十三人の合議制」と呼ばれる体制から付けられています。 では、そもそも「十三人の合議制」とはどんな仕組みなのでしょうか? 鎌倉幕...
映画・ドラマ

源頼家の最期はどうなる?権力争いに巻き込まれた鎌倉幕府第2代将軍

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の曽我事件の場面で、源頼朝の嫡男「万寿」は、武芸はイマイチだけど判断力に優れた人物として描かれています。 この万寿が成長して第2代鎌倉殿の源頼家となるのですが、彼はどんな人物で、最期はどうなるのでしょうか...
映画・ドラマ

安達盛長の最期はどうなる?頼朝流人時代から支えた側近

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に「安達盛長」という人物が登場します。 野添義弘が演じられ、殺伐とした今作の中にあってめずらしく、非常に人の良い人物として描かれています。 主要人物たちが次々と暗殺されていくこの大河ドラマで、安達盛...
映画・ドラマ

阿野全成の最期はどうなる?源頼朝の弟の僧侶謀殺事件

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、源頼朝と力を併せて平家を倒した頼朝の兄弟達が、次々と離脱していきます。 義円、源義経、源範頼と離脱し、最後に残った頼朝の兄弟は、阿野全成ただ一人となりました。 阿野全成は大河ドラマで新納慎也さん...
映画・ドラマ

源範頼は流罪の後どうなった?多くの異説と墓所の伝説  

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で鎌倉時代初期の大事件「曽我兄弟の仇討ち」が描かれました。 その後、思わぬ形で迫田孝也さん演じる「源範頼」がこの事件の余波を受けることになります。 曽我兄弟の事件をきっかけに、源範頼は謀反の疑...
映画・ドラマ

土御門通親とは何者?鎌倉殿で声優の関智一さん演じる公卿

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に土御門通親(つちみかどみちちか)という公卿が登場します。 この人物を声優の「関智一さん」が演じるということで、話題になりました。 関智一さんは、ドラえもんのスネ夫役、鬼滅の刃の不死川実弥役、ONE...
映画・ドラマ

烏帽子親とは何のことでどんな関係になる?北条義時と北条泰時の烏帽子親は?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、「烏帽子親(えぼしおや)」という言葉がときどき出てきます。 現在では聞き慣れない「烏帽子親」とはどういうものなのでしょう? 烏帽子親とは何?どんな関係? 烏帽子親とは、「男子が元服を行う際...
映画・ドラマ

曽我兄弟の敵討ち事件だけではない富士の巻狩りで起きた出来事

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、「曽我兄弟の仇討ち」が大きく描かれ、物語の重要局面を迎えます。 この「曽我事件」は源頼朝が催した「富士の巻狩り」の最中に起こりました。 そこで「富士の巻狩り」で起きた出来事と、曽我兄弟の仇討ちに...
タイトルとURLをコピーしました