鎌倉殿の鶴丸って誰のこと?将来はどうなるの?

泉親衡 映画・ドラマ
スポンサーリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、主人公北条義時の妻・八重が命がけで救った「鶴丸」という子供がいます。

この鶴丸という子供は孤児という設定ですが、成長したらどんな人物になるのでしょうか?

スポンサーリンク

鶴丸とは誰の子供時代?

鎌倉殿の13人に出演した「鶴丸」という子供は、出自が不明な重要人物の幼少時代の姿にも見えます。

しかし、この鶴丸は、ドラマオリジナルの架空の人物です。

「成長したら〇〇という実在した人物になる」というわけではありません。

俳優の「きづき」さんが成長後の鶴丸を演じることが発表されており、その際のコメントの中でドラマのオリジナル人物であることが明かされています。

スポンサーリンク

鶴丸は将来どうなる?

ドラマのオリジナル人物ということなので、どうなるかという予想はなかなか難しいものがあります。

ただ、鶴丸は孤児となった後に八田知家に拾われ、北条義時の館で八重に育てられていました。

義時の息子である金剛とケンカ(?)をするシーンもあり、なにかのきっかけで金剛と固い絆で結ばれそうな雰囲気はありました。

八重が命を懸けて川から救ったことに恩を感じて、金剛に忠義を尽くすようになるのかもしれません。

金剛は将来「北条泰時」となり、父・義時とともに北条氏の時代を築きあげていきます。

そうなってくると、同じくオリジナルキャラクターである「善児」のように、表舞台には立たないけれど裏で重要な人物の排除を行う役割が回ってくるかもしれません。

早くも一部ファンの間では「鶴丸」が次世代の「善児」ではないかという声も上がっています。

スポンサーリンク

鶴丸のモデル?①尾藤景綱

「鎌倉殿の13人」の鶴丸は完全にオリジナルの登場人物ですが、史実の北条泰時には懐刀と呼べる側近がいました。

それが「尾藤景綱(びとうかげつな)」という人物です。

北条泰時は、北条家嫡流である「得宗家」をまとめるため、「家政をまとめる執事」を置いています。

後に「内管領(うちのかんれい)」と呼ばれるようになる「北条得宗家内の役職」で、北条の家臣の筆頭が選ばれます。

この家臣筆頭のポジションの初代として選ばれたのが「尾藤景綱」です。

つまり、北条泰時のこの行動は、尾藤景綱を一番の家臣として選んだとも取れます。

ドラマの中では、鶴丸は泰時といつも一緒にいますし、泰時の相談相手ともなっています。

もしかしたら、北条泰時の懐刀・尾藤景綱が鶴丸のモデルとして参考にされているのかもしれません。

ただし、鶴丸と尾藤景綱ではおそらく年齢がずいぶん違います。

鶴丸は泰時と幼なじみで同じくらいの年齢でしたが、尾藤景綱は北条泰時の後見人であったとされています。

後見人ですので、尾藤景綱は生年不明で年齢不詳ではあるものの、北条泰時よりある程度年上だったと思われます。

また、尾藤景綱が北条泰時の近臣になったのは、和田合戦が起こる前後のことだと言われます。

和田合戦は北条泰時が30歳くらいのときに起こっているので、尾藤景綱と北条泰時の2人は幼なじみとは言えないようです。

スポンサーリンク

鶴丸のモデル?②平盛綱

もう1人鶴丸のモデルになったかもしれない人物を紹介します。

平盛綱(たいらのもりつな)」という武士です。

彼に関しては、出自も生没年も詳しくわかっていません。

しかし、平盛綱も北条泰時の側近の1人であり、前述の尾藤景綱と共に北条得宗家の家政に携わっていました。

平盛綱は、北条泰時の命令を受けて「北条家の家法」を制定し、「御成敗式目」制定にも関わったとされています。

平盛綱は北条泰時が亡くなった年に出家しています。

詳細はわかりませんが、これは北条泰時を慕っており、その死をきっかけに出家したのかもしれません。

そして出家から数年後には亡くなっています。

もしかしたら北条泰時と同じくらいの年だった可能性もあります。

情報の少ない人物ですが、なんとなく鶴丸っぽいといわれれば、そうとも取れるような人物です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました