ロシア軍のZマークの意味は?ウクライナ侵攻支持のシンボルとしても使用

Zマーク 政治・経済
スポンサーリンク

ウクライナに侵攻したロシア軍の戦車などに謎の「zマーク」があるということが話題となっています。

スポンサーリンク

ロシア軍のzマークの意味は?

ロシア軍のzマークの意味は公式に発表されているわけではありませんので、確かではありませんが、次のような説が囁かれています。

勝利の象徴

ある軍事の専門家の方の見解では、ロシア語の「Za pobedy」の頭文字ではないかということです。

「Za pobedy」は「勝利のために」と言う意味です。

日本人がよく使う「Victory(勝利)」のVマークと同じだとする説です。

西

「西」を意味する「Zapad」の頭文字であると言う説もあります。

ウクライナはロシアの西側に位置しており、ロシア軍の大半は東側から侵攻しています。

ロシア軍からみて「西」には、ウクライナの「首都キエフ」があり、今回の侵攻目標であるキエフを意識させるためのシンボルだとする説です。

ゼレンスキー大統領の頭文字

ウクライナ大統領のゼレンスキー(Zelenskyy)大統領の頭文字だとする説もあります。

ロシアにとってゼレンスキー大統領は敵の総大将であり、第一の標的です。

ロシア軍が彼を倒せばこの戦争は終結します。

最終目標である打倒ゼレンスキー大統領を意識させるためのマークだとする説です。

スポンサーリンク

なぜ戦車や装備品にzをつけるの?

そもそも、なぜ戦車や装備品にZマークをつけるのでしょうか?

これは、おそらくロシア軍が自分たちの仲間を識別するための標章です。

ロシア軍とウクライナ軍は共に旧ソ連の国であり、軍の装備も似通っています。

そのため、味方を間違って攻撃しないように、ロシア軍だとすぐに分かるマークをつけているものと考えられます。

また、もう一つ、団結を強めるためのマークという意味もありそうです。

シンプルなマークを自軍のシンボルとすることで、目標を共有し、この軍事行動に対する熱意を継続させる意味合いがあります。

早い話、「みんな同じマークつけてたら仲間意識とやる気が上昇する」ということです。

スポンサーリンク

ウクライナ侵攻支持のシンボルにも

ロシアの体操選手「イワン・クリアク選手」がワールドカップで胸に「Zマーク」をつけて表彰台に上がったことで多くの批判が巻き起こりました。

このZマークは、今やウクライナ侵攻を支持する人たちがかかげるシンボルとなっています。

プーチン大統領と今回のウクライナでの件を支持する人たちは、ロシア軍が使用する「Zマーク」を身に着けたり、街に落書きをしたりして、それをSNSなどで拡散しています。

「我々もロシア軍の仲間である」という意思をアピールしているのでしょう。

世界の多くの国でロシア軍に対するデモが発生する一方、ロシア軍を熱狂的に支持する人たちも一定数いるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました