横浜高校が劇的なサヨナラ弾9回ツーアウトから一発で逆転勝利

スポンサーリンク
スポンサーリンク

広島新庄VS横浜の注目カードは劇的な幕切れ

11日の第1試合で広島新庄VS横浜の今大会屈指の好カードの火蓋が切って落とされました。

試合は投手戦となり、8回終了の時点で1-0で広島新庄がリード、9回表にさらに1点を加えて2-0とします。

9回裏、横浜高校は単発の安打が2本出るものの、点には結びつかず、2アウト1.3塁と追い込まれます。

打席には1番の1年生緒方選手。

横浜高校のベンチには涙を流しながら必死に声を出す選手の姿もありました。

ワンボールからの2球目、思い切り振り抜いた打球はレフト方向へ。

何とそのままスタンドイン。

たった数秒前には万事休すだった横浜高校がこの瞬間一気に逆転。しかも9回裏の出来事だったため、そのまま勝利が決定しました。

野球は2アウトからと言われますが、ここまで劇的な幕切れはめったに見ることが出来ないというほど印象に残るサヨナラ弾でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました