八重姫の生涯大河ドラマでは北条義時と結婚したけど…他の説も

伊賀の方 映画・ドラマ
スポンサーリンク

NHK大河ドラマ鎌倉殿の13人で新垣結衣さんが演じる「八重姫」という人物がいます。

この八重姫という人物の生涯は、史実と大河ドラマで違いがあるようです。

そこでここでは「史実の八重姫の生涯」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

八重姫の生涯(史実・通説)

八重姫が生きた時代の資料は曖昧なものが多いです。

ここでは通説を記載します。

頼朝の最初の妻→別れさせられ江馬次郎と結婚

八重姫は伊豆の豪族・伊東祐親の三女として生まれました。

生まれた年は不明で、「八重姫」という名前も後世につけられたものだとされています。

父の祐親は流罪となった源頼朝の監視役をしていました。

その父が京都へ出張に行っている間に、八重姫は頼朝の妻となり、男子・千鶴丸(千鶴御前)をもうけます。

出張から帰ってきた祐親はその事を知って激怒、まだ3歳であった千鶴丸に重りをつけて川底に沈めてしまいます。

さらに八重姫を頼朝から引き離し、江間の小四郎(江間次郎)という武士に嫁がせます。

頼朝には追手を差し向け殺害を試みますが、頼朝は北条時政のもとへ駆け込み、難を逃れます。

頼朝は時政のもとで暮らし、時政の娘である北条政子と結ばれます。

ここまでは大河ドラマで描かれたストーリーと完全に一致しています。

八重姫のその後

その後の八重姫については、いくつかの説に分かれます。

入水自殺説

八重姫はひそかに伊東の館を抜け出して、頼朝のいる北条館へ向かいます。

しかし、頼朝はこのときすでに政子と結ばれていました。

頼朝と会うことは叶わず、失意の八重姫は川に身を投げてしまったと言われています。

相馬師常と結婚説

この説では、八重姫は江馬次郎のもとを逃げ出します。

その後の紆余曲折は語られていませんが、最終的に頼朝のはからいで「相馬師常(そうまもろつね)」という武士と結婚したと伝わります。

結婚後の事を記す資料はありません。

なお、相馬師常は千葉常胤(ドラマでは演:岡本信人さん)の次男です。

平将門の子孫であるとされ、「相馬氏」の家祖であるとされています。

北条義時と結婚説

八重姫が亡くなった千鶴丸を祀ったとされる「最誓寺」に伝わる伝承では、八重姫が北条家と縁を結んだとされています。

ある歴史学者によると、「推測を重ねたうえの仮説」としたうえで、江馬次郎が亡くなった後、その領地を受け継いだ北条義時と再婚したのではないかとされています。

大河ドラマではこの説を採用しています。

スポンサーリンク

大河ドラマでは北条義時と結婚→阿波局がモデル?

ところで「鎌倉殿の13人」では、八重姫は北条泰時と結婚して「金剛(のちの北条泰時)」を産んでいます。

北条泰時の母親は「阿波局」と呼ばれる女性だとされています。

先の「北条義時と結婚した説」を発表した歴史学者の先生は、「八重姫=阿波局」ではないかともおっしゃっています。

八重姫は頼朝と離縁させられ、次の夫である江馬次郎が戦死した後、名前を阿波局と変えて頼朝のもとで働くようになりました。

その後、同じく頼朝に仕えていた北条義時と再婚し、北条泰時を産んだのではないかとされています。

スポンサーリンク

阿波局は2人いる!?

当時の資料には、阿波局という人物は複数人登場します。

北条義時と結婚し、北条泰時を産んだのも阿波局という女性ですが、北条時政の娘にも阿波局という女性がいます。

北条時政の娘の阿波局」は阿野全成という頼朝の弟の僧と結婚したことになっています。

大河ドラマでは実衣(演:宮澤エマさん)の役に該当します。

二人の阿波局は、当時の資料でも間違って扱われることが多く、年代も住んでいた場所も近いとされています。

しかし、こちらの「阿波局」は、北条義時とは実の兄妹(姉弟)であり、北条泰時の伯母(叔母)と記されています。

このため、「二人の阿波局」は同一人物ではないとされています。

だとすると、義理の姉妹同士で同じ名前という、なんともややこしい状況が生まれてしまいますが、当時の人達はどのように呼び分けていたのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました