お月見の起源や由来と今年2021年の月見はいつなのかのメモ

月見 雑学
スポンサーリンク

9月になればお月見の季節という感じの雰囲気になります。

といっても最近は縁側で月見をすることも少なくなり、お月見といえばマクドナルドの月見バーガーだという人も多いのではないでしょうか?

お月見の起源や由来と今年(2021年)のお月見の時期を忘れないように記事にしておきます。

スポンサーリンク

月見の起源・由来

月を愛でる慣習自体はかなり昔からのもので、日本では縄文時代にはすでにあったようです。

ただ、その頃は文字もない時代ですので、記録などは残っていません。

現代の月見のように、決まった日に月を鑑賞して楽しむという風習は、中国が発祥で「唐」の時代に始まったとされています。

その後、平安時代ごろ日本にこの月見の風習が伝わったとされています。

平安時代の月見は貴族のもので、主に詩を読んだり酒を飲んだりする宴会のようなものだったと言われています。

時は進んで江戸時代ごろになると、月見も世俗化して庶民にまで広がりました。

月見の時期がちょうど里芋の収穫期と重なることから、江戸時代前期には「月見の日には芋煮を食べて夜遊びをする」という今とは少し違った風習が一般的でした。

その後江戸時代中期になると、「満月に見立てた月見団子を小さな祭壇にお供えする」という、現在のお月見と同じような形になっていきます。

もともとは宴会のような行事だったのが、簡素化されて月を眺めて拝み、お供え物をするといったふうに変化していきました。

スポンサーリンク

今年(2021年)の月見はいつ?

月見は旧暦8月15日から16日にかけての夜に行われます。

これを一般的に十五夜と呼び、その夜の月は中秋の名月と呼ばれます。

2021年の十五夜は9月21日です。

なお、少しマイナーですが、旧暦の9月13日から9月14日にかけての夜十三夜または後の月などと呼び、その日に月見をする慣習もあります。

この十三夜は、日本独自のもので、「延喜」の時代に宇多法皇が開催したのが最初だと言われています。(ちなみに「延喜」は菅原道真公が亡くなった頃、陰陽師の安倍晴明が生まれた頃の時代です。)

2021年の十三夜は10月18日です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました