年越しそばはいつからいつまでの間に食べればいいの?

年越しそば イベント
スポンサーリンク

年末が近づくと「年越しそば」の文字を見かける機会が多くなります。

ところで「年越しそばは大晦日に食べるもの」ですが、どのタイミングで食べればいいのか疑問に思ったことはないですか?

スポンサーリンク

年越しそばを食べるのはいつからいつまでの間?

年越しそばを食べるのは「大晦日の晩から年越しまで」の間とされています。

大晦日の晩ごはんとして食べてもいいですし、晩ごはんの後に別で食べても大丈夫です。

実際に現代では「晩ごはん派」と「晩ごはんとは別に後で食べる派」が半々くらいというアンケート結果が出ています。

ただし、「年越し」までには食べないと縁起が悪いとされています。

これは年越しそばを食べる理由に関係しています。

そばは他の麺類に比べて切れやすい性質があります。

そのため年越しそばは「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で食べられています。

年をまたぐと、断ち切る前に新年に突入してしまうことになるので、新年に災厄を持ち越すことになってしまいます。

せっかく縁起を担いで年越しそばを食べるのであれば、12月31日の24時を迎える前までに食べ終えましょう。

スポンサーリンク

年越しそばはいつから食べられるようになったの?

年越しそばは遅くとも江戸時代後期にはすでに風習として定着していました。

なお、最近良く耳にするようになった「年明けうどん」は平成(2008年頃)に誕生しています。

関連記事:年明けうどんはいつから?

年越しそばの記録は江戸時代中期頃の書物にも見られます。

当時江戸では「江戸患い」が流行していました。

この頃の江戸では「白米」が広く食べられるようになり、それまで食べられていた「玄米」の栄養素が失われたため、脚気(=江戸患い)が流行りやすくなっていたと言われています。

脚気はビタミンの不足によって引き起こされる病気です。

このため「精白されていないそば」は脚気の予防に有効です。

当時は脚気の原因も不明でしたが、江戸時代の人たちは経験的に「そばを食べる人は江戸患いにならない」ということを知っており、その話が広まってそばを食べる人が増え、年越しそばの流行にもつながったものとみられます。

スポンサーリンク

年越しそばの歴史と由来

年越しそばの歴史

年越しそばの起源は三十日蕎麦(みそかそば)だとされています。

これは、江戸時代の商人の習慣で、長寿や家の財産が長く続くことを願って毎月末日にそばを食べるというものです。

この習慣の名残が現在でも残っていて、今でも毎月30日は「そばの日」とされています。

三十日蕎麦がいつしか12月の末日だけ食べられるようになり広まったものが現在の我々が知る「年越しそば」です。

年越しそばの由来

そもそも何故そばなのかということについては、諸説ありますが、いちばん有名なのは「そばは細くて長いため、長寿を願った縁起物として食べられるようになった」とするものです。

この他、江戸患い(脚気)に対して効果があることが分かっていたため、「そばが内蔵の毒を取ると信じられていた」という説もあります。

「不足していたビタミンを、そばを食べることによって補うことができた」というのが本当のところなのですが、当時の人から見ると病気に効く食べ物は解毒作用があるようにも見えます。

その他、「そばは日光を浴びると元気になるので健康の縁起を担いだ」、「そばが切れやすい事から、その年に起きた悪いことを新年に持ち越さないための願掛け」などの説があります。

今では年越しそばは、全国的にすっかり定着しました。

ちなみに「うどん県」香川県では「年越しそば」の代わりに「年越しうどん」を食べる方もいらっしゃいますが、「うどん県」であっても年越しには「そば」を食べる人の割合が多いそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました