小選挙区制と比例代表制の違い【日本の衆議院総選挙の仕組み】

白票 政治・経済
スポンサーリンク

現在、日本の衆議院総選挙では小選挙区比例代表並立制という制度が取られています。

選挙に向けて、小選挙区制と比例代表制とはどのようなものなのかを簡単に確認しましょう。

スポンサーリンク

小選挙区制とは

小選挙区制とは、1つの選挙区で1人の議員が選ばれる選挙の仕組みです。

衆議院総選挙では、465人のうち289人が小選挙区制、176人が比例代表制で選ばれます。

ですので、小選挙区制では全国を289の選挙区に分け、それぞれから1人ずつを選びます。

投票は、候補者の中から1人の名前を投票用紙に記入して行います。

この制度には「大政党に有利になるため二大政党制が実現しやすい」「死票が多くなる」「少数政党が議席を取りにくい」という特徴があります。

選挙区の候補者の中から1人を選ぶため、投票する有権者にとっても判断がしやすく、票数の多さで当選落選が決まる単純明快な仕組みです。

スポンサーリンク

比例代表制とは

衆議院総選挙では176人は比例代表制で選ばれます。

全国を11ブロックに分けて投票が行われます。

政党の名前を投票用紙に書いて投票し、政党ごとの得票数に応じて議席を分配します。

各政党は選挙に際して候補者に順位をつけた名簿を提出します

その名簿の順位が高い候補者から順に当選していくという仕組みです。(拘束名簿式)

政党名A党B党C党
名簿登載者数4人3人2人
得票数900票700票400票
(割る数) 1900700400
      2450350200
      3300233.33…
      4225
当選者数3人2人1人
※定数6の選挙区の場合

実際の計算方法は上記の表のように名簿記載者数で得票数を割っていきます。

その数字が大きい順に並べ、定数に達するまで順位をつけます

順位がついたら、各政党の当選者数が判明しますので、名簿の順に沿って当選者が決定するという仕組みです。

比例代表制では、死票(落選した候補者に投じた票)は少なくなり、少数政党が当選しやすくなるものの、逆に少数政党が多くなりすぎて政治が安定せず、結果一党独裁の政治体制になりやすいといった短所があります。

そのため、現在日本の衆議院総選挙ではこの小選挙区制と比例代表制を併せた小選挙区比例代表並立制という制度が採用されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました