ソロモン諸島位置の地図-ソロモン諸島とは独立国?中国と仲がいいの?

ソロモン諸島 政治・経済
スポンサーリンク

中国と「ソロモン諸島」が安全保障に関する協定に仮調印しました。

日本ではあまり聞き馴染みがない「ソロモン諸島」とはどんなところなのでしょう?

スポンサーリンク

ソロモン諸島の位置の地図

ソロモン諸島の位置はこちらです。

地図のとおり、オーストラリアの北東、パプアニューギニアの東あたりに位置します。

大小100余りほどの島々がソロモン諸島に属しています。

スポンサーリンク

ソロモン諸島とは独立国?

「ソロモン諸島」という名前が国っぽくないですが、れっきとした独立国です。

正式な国名は「Solomon Islands(ソロモンアイランズ)」です。

もとはイギリスの植民地でしたが、1978年に独立しました。

現在、ソロモン諸島の首都は「ホニアラ」で、「ガダルカナル島」という島に置かれています。

このガダルカナル島という島は、第二次世界大戦の時に日本とアメリカの激戦地となったので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

その激戦地が今はソロモン諸島という国の中心部となっています。

スポンサーリンク

英連邦王国

ソロモン諸島は「英連邦王国」に属する国です。

ですので、国家元首はイギリスと同じ「エリザベス2世」となります。

この「英連邦王国」というものが少しわかりにくいかも知れませんが、これはそういう国が存在するわけではなく、「イギリスの君主を国家君主とする独立した主権国家」のことをそう呼びます。

英連邦王国は「イギリス」と「もともとイギリスの植民地だった国」で構成されています。

植民地支配が終わってそれぞれが独立し、現在ではイギリスと対等な独立国となりましたが、国家元首はそのままという状態です。

英連邦王国は現在15カ国ありますが、これらの国の国家元首はみんな「エリザベス2世」です。

それぞれの国で国家元首は「君臨すれども統治せず」の状態で、「たまたま国家元首が同一人物」という取り扱いです。

ちなみに、オーストラリアやカナダなどの大国も「英連邦王国」に属しますので、国家元首は「エリザベス2世」です。

スポンサーリンク

中国との仲は?

ソロモン諸島は2019年に中国と国交を樹立しました。

つい最近のことです。

そのときに、中国に配慮する姿勢を見せ、それまで親交のあった「台湾」との国交を断絶しました。

アメリカは台湾との国交を続けるように働きかけていましたので、このことでアメリカとの仲も険悪になっています。

その後、中国の関係強化に不満を持つ国民がデモを行い、ソロモン諸島内の中国人が経営する店などが襲撃されます。

しかし、そのデモが逆に中国との繋がりを強くする方向へ向かいます。

ソロモン諸島の政府は暴動の再発防止のため、中国から警察関係者と装備品を受け入れることになりました。

その関係は更に強まるようで、今回の安全保障協定へと繋がります。

協定の内容は公表されていませんが、「ソロモン諸島が中国に軍や警察の派遣を要請できる」と内容であるとの推測がされています。

場合によっては、ソロモン諸島に中国が軍事基地を作る可能性もあります。

太平洋の平和という観点でいうと、少し雲行きが怪しくなるように見えるニュースです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました