参議院選挙2022日程と改選議席数 期日前投票の期間はいつ?

選挙 政治・経済
スポンサーリンク

2022年7月25日に参議院の約半数の議員が任期満了を迎えます。

まだ日程は確定していませんが、第26回参議院議員通常選挙は少なくとも2022年7月25日までに行われます。

5月現在で判明している選挙に関する情報をまとめます。

スポンサーリンク

参議院選挙2022の日程

2022年の参議院選挙の日程は6月22日公示・7月10日投開票となりそうです。

まだ確定した日程ではありませんが、この公示日の日付は自民党の茂木幹事長が3月13日の党大会で明言しました。

通常、選挙の日程は与野党間の駆け引き材料として使われることも多いため、直前まで日程がわからないことが多いのですが、今回においてはかなり早い段階で政権の幹部が発表したことになります。

スポンサーリンク

参議院選挙2022の改選議席数

2022年の参議院選挙で改選される議席数は124です。

なお、現在参議院の定数は245議席ですが、2018年に公職選挙法の改正が行われ、それが今回の参議院選挙に反映されるため、2022年選挙後の参議院の定数は248議席に増えます。

現在の参議院の与党は138議席、野党は97議席です。

野党が大勝すればねじれ国会になる可能性はあるものの、参議院通常選挙ですので政権交代が起こることはありません。

スポンサーリンク

参議院選挙2022の期日前投票期間

仮に6月22日公示・7月10日投開票であるとすれば、期日前投票の期間は6月23日~7月9日となります。

そもそも公示日・投開票日が確定していないため、あくまで仮定の日程です。

公示日の翌日から選挙日(投開票日)の前日までが期日前投票の期間です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました