ランジャタイは面白くないのか面白いのか、とりあえず意味は不明

バカリズムさん 芸能
スポンサーリンク

M-1グランプリ2021に「ランジャタイ」というコンビが出場しました。

このコンビ、面白いか面白くないかの評価が真っ二つに割れるという、とても珍しいコンビです。

スポンサーリンク

ランジャタイの漫才は意味不明で面白くないという声が多数

ランジャタイの漫才を見た人たちの感想で多いのは次のような声です。

  • ランジャタイの漫才は面白いつまらないじゃなくてよく分からない。
  • ランジャタイの面白さを知りたい。バカにしているわけではなく、本当に知りたい。
  • 他の芸人は笑いどころがだいたい分かるものだけど、ランジャタイは分からない。
  • 面白いか面白くないかというより分からない。
  • 一体何をやっているんだろう。

ランジャタイの漫才は「面白い面白くない以前に理解できない」という声が多数です。

評価が真っ二つに割れていて、現に「面白い」と言っている人もいるため、純粋に「面白さを教えて欲しい」と願う人も一定数います。

スポンサーリンク

ランジャタイのネタの特徴

ランジャタイのネタを見たことがある方は分かると思いますが、途中まではだいたい漫才っぽく進みます。

しかし、途中からボケの国崎さんが暴走を始め、ツッコミの伊藤さんは置いてけぼり、何度も同じツッコミを繰り返しますが国崎さんはとどまることを知らずそのまま駆け抜ける、というパターンが多いです。

彼らの漫才を見た人の感想は次のようなものです。

  • 摩訶不思議
  • 発想力だけで勝負している
  • 何だかわからない
  • 奇想天外
  • インパクトが強烈
  • 変幻自在
  • 全く先が読めない

クセがかなり強く、「通常の漫才」からはかなりかけ離れています

2020年のM-1グランプリで、優勝したマヂカルラブリーのネタは漫才かどうかという論争がまき起こりましたが、もしそのときの優勝者がマヂカルラブリーではなくランジャタイだったら、この論争は大荒れに荒れていたことでしょう。

スポンサーリンク

ランジャタイのネタは一部のファンからは熱烈な支持も

ランジャタイの漫才をつまらないとする声が多く聞かれる中、一部のファンからは熱烈に支持されています。

しかも、彼らのファンは、「ランジャタイがつまらないという人の意見も分かる」として受け入れているフシがあります。

「意味不明」を乗り越えた先に面白さがある

実際にファンの方でも最初はつまらないと思っていた人も多いようです。

  • 最初は意味が分からなかったけど、一度ハマってしまうとそれから面白くて仕方ない
  • しつこいけど、「まだやってるよこの人達」と思って一度笑ってしまうと、自分でも分からないけどなぜか笑いが止まらなくなる
  • 「100人中99人は無表情、だけど残りの一人は大爆笑してる」そういう漫才

ファンの人達はこのような意見を持っています。

こういう声を聞くと、ランジャタイの面白さを知ってみたいと思ってしまいます。

テレビとライブでは面白さが違う?

2020のM-1グランプリ敗者復活戦で全国ネットで漫才を披露した際は、視聴者投票で見事にダントツの最下位でした。

ですが、ランジャタイの熱烈なファンからは、「テレビではなく劇場で見て欲しい」という声がよく上がります。

テレビと劇場で面白さがそこまでかわるのかとは思いますが、2021のM-1グランプリ準決勝会場ではランジャタイが一番の爆笑をとって、会場の雰囲気を完全に自分たちのものにしていたと関係者は語ります。

ウソかホントか分かりませんが、その時の笑い声で会場の看板が落ちたという噂まで出てきました。

「テレビの視聴者投票で最下位だった翌年に、会場では圧倒的に一番ウケた」というのであれば、確かにテレビより劇場に適合したネタであると言えるかもしれません。

スポンサーリンク

ネタはともかく逸話はめちゃくちゃおもしろい

ランジャタイのネタは面白い・面白くない・意味がわからないと賛否両論ありますが、彼らの過去のエピソードは間違いなく面白いです。

NSC時代

ランジャタイは「グレープカンパニー」という会社の所属ですが、実は吉本興業のタレント養成所であるNSCに通っていました。

国崎さんと伊藤さんはそこの同期として知り合っています。

伊藤さん(ツッコミ)がNSCで「鳥取の怪童」を名乗り「お前、面白いんか?」と同期生数十人に絡み続け、ただ1人「うん面白いよ」と答えた国崎さん(ボケ)と仲良くなったというのがきっかけです。

コンビ結成前からすでに独特です。

NSC入学から2~3ヶ月後、授業中に伊藤さんが「ここは仲良しクラブじゃない」と叫んだことをきっかけにNSCを退学させられることが決まりました。

退学を取り消してもらおうと、国崎さんに手伝ってもらいながら、駅のゴミ拾いを行いますが退学の決定は覆ることなく伊藤さんはNSCを去ることになります。

ゴミ袋を持ったまま泣きながらNSCを去る伊藤さんを「面白い」と思った国崎さんは、伊藤さんの後を追ってNSCを自主退学しました。

退学の理由も、泣きながら学校を退学する友人を面白いと思って追いかけた国崎さんの感性もすごいです。

M-1グランプリ挑戦

M-1グランプリに初めて挑戦したのは2007年のことです。

しかも、同じ年のM-1に4回挑戦しています

もちろん、ルール違反です。

ランジャタイは1回戦で敗退するたびに、名前を変え、変装して計4回エントリーするという不死鳥のような粘りを見せますが、すべて1回戦で敗退。

ルールを破ってまで挑んだ挑戦で完敗します。

このころ彼らは所属事務所を転々としたり、フリーになったりして活動を続けていました。

フリーの時には、自分たちの家で自分たちが客になり、自作自演の単独ライブを開催していたといいます。

自分の家で自作自演のライブなので、もちろん客は自分たちだけなのにも関わらず、ネタを映像を撮り、チラシを作ってアンケートまで取るという手の混んだものでした。

ちょっとこわいです。

2017年にM-1グランプリ準決勝に初出場。

結果は30組中30位の最下位で、その後に行われた敗者復活戦でも20組中20位の最下位と逆2冠を達成します。

2020年には2度目の準決勝進出を果たしますが、前述のとおり敗者復活戦で再び最下位になります。

そして2021年のM-1グランプリでついに決勝戦へ進出。

ようやく檜舞台に立ったランジャタイが、M-1グランプリ決勝という注目が集まる場所でどのように動くのか。

始まる前からかなり話題になっています。

恐らく十中八九、爪痕は残すであろうと言われていますがそれがどのような爪痕になるのか注目したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました