キエフ包囲中に訪問予定ポーランドとウクライナ・ロシアの関係

ポーランド 政治・経済
スポンサーリンク

ポーランド・チェコ・スロベニアの三国の首脳がロシア軍の攻撃を受けるウクライナの首都キエフに直接訪問するという報道がなされました。

ポーランドとウクライナ・ロシアとのそれぞれの関係はどうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

ポーランドとウクライナの関係

現在のポーランドとウクライナの関係は、少々ぎこちない関係と言えるかもしれません。

ポーランドはウクライナの東側の隣国であり、両国の関係は改善と悪化を繰り返しながら進んでいます。

第一次世界大戦が終わった後、ウクライナは「ポーランドとソビエト連邦に分割」されました。

このことはウクライナとポーランドの間に遺恨を残し、両国の関係はあまり良い状態であるとはいえませんでした。

しかし、ソビエト連邦の崩壊によって両国の関係性に変化が見られるようになります。

ウクライナがソビエト連邦から独立した際、世界で一番最初にそれを承認したのはポーランドでした。

ここからポーランドとウクライナの国交が正式に始まります。

その後、両国はさまざまな条約・協定などを結び、関係を改善させていきます。

ですが、戦時中に起きた事件などの認識の違いによって両国間の関係が急速に悪化したりもしています。

それでもポーランドは、新型コロナウイルスが蔓延したときに、ウクライナに対してワクチンや医療機器・防護服などを提供したり、今回のロシアのウクライナ侵攻に関して多くの難民を受け入れたりしてウクライナを支えています。

とても仲が良いというわけでもなく、決定的な溝があるわけでもない」「困ったときは助け合う」という関係性が今のウクライナとポーランドの関係です。

スポンサーリンク

ポーランドとロシアの関係

ポーランドとウクライナは微妙な関係でしたが、ポーランドとロシアの関係はよくありません。

この両国は昔から争いを繰り返しています。

特に第二次世界大戦中、ポーランドはソ連とドイツに分割占領されていました。

その際にソビエト連邦による虐殺事件などが起きており、現在でもポーランド人は強い「反露感情」を抱いています。

逆にロシアはポーランドを「我々の安全に対する脅威」としています。

というのは、近年、アメリカ軍がポーランドに駐屯を始めたからです。

この関係のよくない両国の間では、つい最近もひと悶着がありました。

ロシアのウクライナ侵攻が始まる少し前の2021年11月、ポーランドにベラルーシ国境付近から数千人の中東からの移民が押し寄せ、ポーラント軍が出動するという騒動がありました。

これはロシアが裏で手を引いていたと見られており、ポーランドのモラウィエツキ首相はプーチン大統領を批判しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました