パ・リーグクライマックスシリーズファーストステージの結果と内容(11/6)

野球 スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファーストステージ結果(ロッテVS楽天)

パ・リーグのクライマックスシリーズファーストステージは、3位の楽天と2位ロッテとの対戦です。

楽天の先発はチーム勝ち頭の則本投手、ロッテは2年めの佐々木朗希投手が先発です。

結果は5-4ロッテの勝利です。

スポンサーリンク

試合内容

先制は2回の楽天でした。

佐々木投手の悪送球で1点を先取。

なおも2アウト2塁でしたが、その後は立て直し三振で切り抜けます。

すると3回にロッテが反撃、1アウト満塁から4番レアード選手がレフトへ2点タイムリーヒット。

2-1と逆転に成功します。

続く5番安田選手のレフトフライも犠牲フライとなり1点追加で3-1。

ロッテがリードを広げます。

その後しばらく両チームとも得点圏にランナーを進めながらも0行進が続きます。

7回に楽天は2アウト満塁のチャンスを作ると、4番島内選手がタイムリーツーベースを放ち3-4と逆転に成功。

しかしロッテも8回に2アウトからエチェバリア選手がソロホームランで4-4の同点とします。

このまま延長かと思われましたが、9回裏、ロッテの代打佐藤都志也選手が1アウト2塁からライト方向へサヨナラヒット。

初戦の接戦はロッテが劇的な勝利を収め、ファイナルステージに王手をかけました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました