パラリンピックは中止にしないの?帰省はあきらめろって言ってるのに

スポンサーリンク
スポンサーリンク

13日に東京都の小池百合子知事が会見

8月13日に小池知事が定例会見を行いました。

新型コロナウイルス感染拡大に対しての内容と、オリンピック・パラリンピックの話が中心でした。

以下、小池知事の新型コロナウイルスについてのコメントです。

  • 「(お盆の帰省などについて)延期、中止など、もう一度あらためてお考えください。それから、お考えくださいじゃなくて、もうここは今年も申し訳ありませんけれどもあきらめていただきたい。」
  • 「酸素吸入や人工呼吸器の必要な人たちがこのまま増えると、命を救うための十分な医療が受けられなくなる可能性がある。他の疾病の方々にもしわ寄せが行く」
  • 「雨のことについてはこれはお天道様と、そして気象条件等々で起こりますが、コロナの人流は私達の意思があれば抑えられる、抑えることもできる。今抑えないと助かる命も助からなくなる」
  • 「今すべきことなのか、不要不急ではないのか。感染拡大が収まってから延期することはできないのか、そのようなことを訴えている」
  • 「若いから、健康だから、既往症がないから大丈夫ということは通じない。ぜひ発想を変え、ともにデルタ株という強敵に対峙(たいじ)したい」

感染拡大に対して強い危機感を表明しています。

スポンサーリンク

一方でパラリンピック開催には意欲的

帰省や行楽地への外出をあきらめていただきたいとの発言がありましたが、パラリンピックはできれば有観客での開催をしたいようです。

  • 24日には大会、いよいよ開幕となります。1年延期という、これ自体がこれまでにない大会の1つの象徴でもありますけれども、パラリンピックも1年延長になっております。オリンピックの成功を必ずパラリンピックにつなげていく。
  • (パラリンピックの学校連携観戦について)このパラリンピックをまず競技として楽しむ、そしてそれを生で見るという意味では、みんな子供たちには見せてあげたいと。オリンピックだってそうだったんですよ。ただ、やはり感染状況、それから学校現場の意見などもありますので、これらを踏まえながらの判断ということになるかと思います。

また、オリンピックと人流増加に対する発言もありました。

  • (前日のモニタリング会議で会場周辺の人出についてかなり密集があったと指摘について)そういうふうに印象論でおっしゃってたんですが、こちらは人数がどうだったか、もう確認いたしております。エピソードベースではなく、エビデンスベースで語ることが重要ではないかと思っております。

この発言中にある「人数」の発表というのはありませんでした。

スポンサーリンク

これは矛盾してないの?

上記の発言はすべて同じ日の同じ会見の中で出たものです。

帰省や旅行は諦めろと言っている割に、世界各国から大勢の人を呼ぶことには積極的です。

何故かは分かりませんが、オリンピック・パラリンピックでは人流は増加しないらしいです。

小池知事がだんだん何を言っているのか分からなくなってきました。

銀座を無目的にブラブラするのは不要不急に当たらない可能性があるのに、帰省や旅行は確実に不要不急ってことなのでしょうか?

あとはオリンピックで人流が増えたとか増えてないとかを言う前に、オリンピックやパラリンピックを中止すればそれに使う予算も人員もすべて感染症対策にまわすことが出来たはずなので、開催しておいて「最大級の危機」とは何を言ってるんだと思えてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました