パラリンピック無観客開催へ学校連携プログラムは実施予定

スポンサーリンク

IPC(国際パラリンピック委員会)のパーソンズ会長が8月16日東京に到着しました。

16日の夜、日本政府・東京都・組織委員会・IPCの4者協議が行われる予定です。

この協議で今月24日に開かれるパラリンピックの東京、埼玉、千葉、静岡の会場における観客の上限が決められる予定ですが、これらすべての会場で無観客とされる見通しです。

当初は緊急事態宣言が出ている関東圏は無観客、緊急事態宣言が出ていない自転車競技などが行われる予定の静岡の会場では上限5000人を目安に有観客での開催を調整していました。

学校連携プログラムの児童・生徒の観戦については実施出来るかどうかの検討が続けられている状況ですが、希望者のみに対して実施される方向で調整が進められています。

4者協議は今夜19時からの予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました