東京オリンピック【2020】開会式まで起きた騒動まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

開催決定後からトラブル続出・開会式直前まで辞任者

東京オリンピック・パラリンピック2020大会の開会式を前日に控えた7月22日、開閉会式で演出を担当する小林賢太郎氏が、かつてお笑い芸人であった時に、ユダヤ人の大量虐殺事件を題材にしたコントをしたとしてショーディレクターを解任されました。

7月19日には開会式で楽曲を担当する小山田圭吾さんが、過去のインタビューで同級生をいじめたことを告白したことなどが騒動となり辞任をしています。

東京オリンピックに関しては騒動が続いています。

  • 2015年7月17日 建築家 ザハ・ハディド氏の新国立競技場建設計画が撤回される
  • 2015年9月1日 佐野研二郎がデザインしたエンブレムが盗用疑惑により使用中止
  • 2020年3月24日 新型コロナウイルスの影響により、1年の延期が決定
  • 2020年12月23日 野村萬斎氏、椎名林檎氏などの開閉会式演出チームが解散
  • 2021年2月4日 組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言の責任をとり辞任
  • 2021年3月18日 開閉会式演出の責任者である佐々木宏氏が渡辺直美氏の容姿侮辱発言で辞任
  • 2021年7月8日 1都3県で無観客開催が決定
  • 2021年7月12日 開催都市である東京に4度目の緊急事態宣言発令
  • 2021年7月19日 過去のいじめを指摘され批判を浴びた小山田圭吾氏が開会式の演出担当を辞任
  • 2021年7月22日 過去に不適切な内容のコントをしていたことの批判を浴び、演出担当の小林賢太郎氏が辞任

特に開幕直前にトラブルが続出したのが今回のオリンピックの特徴です。

スポンサーリンク

開催費用はいつの間にか激増

招致段階では開催費用は約7300億円とされていました。

当初は1964年の東京オリンピックで使用した会場をそのまま使うので、開催費用は大幅に抑えられるとの説明がされていました。

元東京都知事の猪瀬氏は世界一お金のかからないオリンピックになると言う趣旨の発言をしています。

それがいつの間にやら1兆6440億円と、当初の倍以上の開催費用が必要になりました。

コンパクトな五輪はどこに行ったのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました