プロ野球日本シリーズ2021第3戦試合結果と試合内容(11/23)

東京ドーム スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤクルトVSオリックス第3戦

ヤクルト対オリックスの日本シリーズ、ここまでの対戦は1勝1敗。

ヤクルトの先発は小川泰弘投手、オリックスの先発は田嶋大樹投手です。

スターティングメンバーは次の通り

東京ヤクルトスワローズ

  • 1番: 塩見 (中)
  • 2番: 青木 (左)
  • 3番: 山田 (二)
  • 4番: 村上 (三)
  • 5番: サンタナ (右)
  • 6番: 中村 (捕)
  • 7番: オスナ (一)
  • 8番: 西浦 (遊)
  • 9番: 小川 (投)

オリックスバファローズ

  • 1番: 福田 (中)
  • 2番: 宗 (三)
  • 3番: 吉田正 (左)
  • 4番: 杉本 (右)
  • 5番: モヤ (一)
  • 6番: 安達 (二)
  • 7番: 紅林 (遊)
  • 8番: 伏見 (捕)
  • 9番: 田嶋 (投)
スポンサーリンク

試合結果

オリックス 45 ヤクルト

スポンサーリンク

試合内容

初回は両チームとも三者凡退。

先制のオリックスは2回も三者凡退に打ち取られます。

その裏、ヤクルトの攻撃、ヒットこそないもののデッドボール、ファーボールとエラーで2アウト満塁のチャンスを作ります。

打席にはピッチャーの小川選手。

粘りますが三振に倒れ無得点。

先制のチャンスを逃します。

すると直後の3回表、今度はオリックスがヒット、ファーボール、エラーで満塁のチャンスを作ります。

2番宗選手が低めの変化球をライトへ運びタイムリーヒット。

オリックスが1点を先制します。

ヤクルトの反撃は5回裏、2アウトからファーボールで満塁のチャンスを作ると6番中村選手がセンターへタイムリーヒット。

送球ミスも手伝って3点が入ります。

しかしすぐにオリックスも反撃。

6回表に3番吉田選手がツーベースで出塁すると、つづく4番杉本選手がライトスタンドへ2ランホームラン

すぐさま同点に追いつきます。

さらにオリックスは7回、2アウト1,2塁から3番吉田選手がレフト方向へタイムリーツーベース

これでオリックスが勝ち越します。

直後の7回裏、ヤクルトは2番青木選手がヒットで出塁すると、2アウトとなった後に5番サンタナ選手がライトスタンドへ2ランホームラン。

すぐさま逆転に成功します。

その後、無得点で9回表オリックスの最後の攻撃へ。

ヒット、送りバント、ファーストゴロで2アウト3塁。

3番吉田正尚選手は敬遠で2アウト1,3塁。

4番杉本選手との勝負を選んだヤクルトバッテリー。

2球目のストレートをスイングしますが、つまってファーストゴロに。

シーソーゲームとなった3戦目はヤクルトが制して2勝目をあげました。

日本シリーズ神宮球場でやらないの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました