パキロビットは効果が高い?新承認の新型コロナウルスの飲み薬

パキロビットパック 政治・経済
スポンサーリンク

2月10に特例承認されたファイザー社の「パキロビットパック」という新型コロナの飲み薬は、重症化予防の効果が90%とも言われています。

スポンサーリンク

新型コロナ飲み薬のパキロビットは効果が高い?

2022年2月10日、厚生労働省はファイザー社の新型コロナ治療薬「パキロビットパック」を特例承認しました。

この治療薬は飲み薬ですが、使用禁忌があるため2月27日まで使用可能な機関を限定するとしています。

(※使用禁忌とは、飲み合わせの悪い薬や食品などを併用してはいけないということです。併用した場合、効果が減少したり、副作用が強くなったりするおそれがあります。)

この飲み薬は、「プロテアーゼ阻害剤」というタイプの治療薬で、重症化予防は90%と報告されています。

コロナ治療薬の本命と見る専門家もいます。

スポンサーリンク

パキロビットパックの使用禁忌

パキロビットパックの使用禁忌を掲載します。

アンピロキシカム
(フルカム)
ピロキシカム
(バキソ、フェルデン)
エレトリプタン臭化水素酸塩
(レルパックス)
アゼルニジピン
(カルブロック)
オルメサルタン メドキソミ
ル・アゼルニジピン
(レザルタス配合錠)
アミオダロン塩酸塩
(アンカロン)
ベプリジル塩酸塩水和物
(ベプリコール)
フレカイニド酢酸塩
(タンボコール)
プロパフェノン塩酸塩
(プロノン)
キニジン硫酸塩水和物
リバーロキサバン
(イグザレルト)
リファブチン
(ミコブティン)
ブロナンセリン
(ロナセン)
ルラシドン塩酸塩
(ラツーダ)
ピモジド
エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン
(クリアミン)
エルゴメトリンマレイン酸塩
ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩
メチルエルゴメトリンマレイン酸塩
(パルタン)
シルデナフィルクエン酸塩
(レバチオ)
タダラフィル
(アドシルカ)
バルデナフィル塩酸塩水和物
(レビトラ)
ロミタピドメシル酸塩
(ジャクスタピッド)ベネトクラクス
〈再発又は難治性の慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リンパ腫を含む)の用量漸増期〉
(ベネクレクスタ)
ジアゼパム
(セルシン、ホリゾン)
クロラゼプ酸二カリウム
(メンドン)
エスタゾラム
(ユーロジン)
フルラゼパム塩酸塩
(ダルメート)
トリアゾラム
(ハルシオン)
ミダゾラム
(ドルミカム、ミダフレッサ)
リオシグアト
(アデムパス)
ボリコナゾール
(ブイフェンド)
アパルタミド
(アーリーダ)
カルバマゼピン
(テグレトール)
フェノバルビタール
(フェノバール)
フェニトイン
(ヒダントール、アレビアチン)
ホスフェニトインナトリウム水和物
(ホストイン)
リファンピシン
(リファジン)
セイヨウオトギリソウ(St.John’s Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

厚生労働省:「新型コロナウイルス治療薬の特例承認について」より引用

医薬品38成分と食品1種類が使用禁忌としてあげられています。

なお、使用禁忌の食材、「セイヨウオトギリソウ」はハーブの一種で欧米では抗うつ剤、日本では健康食品として親しまれています。

(ストレス軽減系のサプリメントなどに含まれていることがあります。)

スポンサーリンク

塩野義製薬も同タイプの飲み薬を開発中

パキロビットと同じタイプの「プロテアーゼ阻害剤」の治療薬は現在、塩野義製薬も開発中です。

日本製の薬を希望する人も少なからずいますので、これが承認されれば新型コロナウイルスの感染状況や重症化率にも影響を及ぼす可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 「パキロビット」は新型コロナウイルス治療の飲み薬として高い効果が期待される
  • 「パキロビット」がコロナ対策の本命となる可能性もある
  • 「パキロビット」には使用禁忌がある
  • 塩野義製薬も同タイプの飲み薬を開発中

パキロビットは、2月27日まで一部の医療機関で使用可能とし、そこで積み上げた実績如何によって全国の医療機関で幅広く使用できるような取り扱いとされています。

新型コロナウイルスの終息の要となってくれることを祈りたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました