軍用イルカとは何?どういう任務を行うの?

軍用イルカ 政治・経済
スポンサーリンク

アメリカ海軍関係者の話によると、ウクライナ侵攻を続けるロシア軍の黒海艦隊が拠点を置いている「クリミア半島のセバストポリ港」に軍用イルカが配備されているとのことです。

軍用イルカとは一体何のことでしょう?

スポンサーリンク

軍用イルカとは?

軍用イルカとは、その名の通り軍事利用されるイルカのことです。

アメリカとロシアが使用、もしくは使用を計画しているとされています。

主にダイバーの救助、機雷などの探査を行うとされ、爆弾を装着しての自爆攻撃などはしないと言われています。

「攻撃用の兵器」としてではなく、防衛のためにイルカを訓練しているようです。

スポンサーリンク

軍用イルカはどういう任務を行うの?

ロシア軍が使用している軍用イルカは、主に水中探索を任務としています。

敵方が仕掛けた機雷などの兵器を見つけ出すのが目的です。

戦闘のために乗る馬やゾウ、物資を運ぶ牛やラクダ、情報を運ぶ鳩、索敵・追跡に使われる犬など、古来より人間は動物を兵器としても利用してきました。

鶏・アシカ・コウモリ・ネズミなども軍事利用、またはその計画がされることがありました。

イルカには「反響定位(エコロケーション)」と言って、超音波を発し、その反響を受信することによって物の距離・大きさ・方向などを把握できるという能力があります。

イルカは知能が高く、泳ぐスピードも人間が作った機械より速いので、訓練を受ければ軍用としても活躍できる可能性があります。

軍用イルカはそうした特徴を生かして、水中でのレーダーの役割を果たしているものと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました