くじゅう花公園周辺の観光おすすめスポット

スポンサーリンク

久住は「くじゅう」、九重は「ここのえ」と読みます。
両方とも「くじゅう」と読めるので少々ややこしいですね。
今回はこの久住と九重についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

久住・九重の基本情報

久住は大分県の南西部あたりに位置します。
もともとは久住町という1つの町でしたが、平成の大合併によって現在は竹田市の一部となっています。

九重は久住のすぐ北に位置する町です。
こちらは市町村合併を免れて(?)現在も「玖珠郡九重町」として単独の町として存在しています。
後ほど紹介しますが、九重町には「九重夢大吊橋」という有名な吊橋があり、その吊橋のおかげで市町村合併しなくても、1つの町として運営できる経済発展を遂げたという経緯があります。

久住も九重も山なみの景色が非常に壮大で綺麗です。

スポンサーリンク

久住・九重への行き方

久住・九重へはできる限り自家用車かレンタカーでお越しください。
公共交通機関では移動が大変です。
特に複数の観光地を巡ろうと思ったら、車でないと難しいです。

大分市からだと1時間~2時間弱、福岡(博多)からは高速道路を使って2時間、熊本市からも2時間、宮崎の延岡市からも2時間くらいで辿り着きます。
いずれも車での所要時間です。

山の中を走る道が多く、目的地までの間に目印などが無いことが多いので、できればナビなどで目的地を入力してから出発してください。

スポンサーリンク

久住・九重のオススメスポット

くじゅう花公園

季節によって様々な花を鑑賞することができる観光地です。
「花公園」という名前ですが、公園と呼ぶには広すぎるほどの広大な敷地の中にたくさんの花が植えられています。
また、通常の「公園」というよりは、「テーマパーク」といったほうが近いかもしれません。
花や施設の管理がしっかりされています。
そのため、いつ行っても洗練された花壇を見て楽しむことが出来ます。
バリヤフリーもぬかりなく、お年寄りや足の不自由な方のために、車椅子やシニアカートも用意されています。

園内は広いだけあって、飲食店や売店もいくつかあります。
花の風味を生かしたソフトクリームなどここでしか食べられないものもありますので、休憩しながら珍しい食べ物やお土産を探してみるのも楽しいですよ。

夏季だけではありますが、園内の一角でグランピングもできます。
手ぶらでキャンプができるようになっていて、テントの中にはベッドや証明、椅子にハンモックなどがすでに準備されています。
食事付きでレストランでバーベキューもいただける上に、テントのそばにはシャワー室まであって、いたれりつくせりといった感じです。
しかし、このグランピングの最大の見所は夜の星空です。
周辺に建物などがほとんどないので、ビックリするくらい綺麗な星空を見ることが出来ます。
この景色はぜひ一度見ていただきたいです。感動するくらいの美しさです。
ただし、そのまま外でハンモックとかで寝て風邪を引かないようにご注意ください。
ちなみに私はやりました。

このあたりは標高が高いため、夏でも早朝は寒いです。
とくにグランピングで宿泊される方は服装にお気をつけください。
真夏に泊まってもテントの中には毛布が置いてありますのでそちらをご活用ください。

くじゅう花公園の営業時間は8:30~17:30(最終受付30分前)です。
入場料は大人1300円、こども(中学生まで)500円です。
グランピングはシーズンになると詳細がホームページに掲載され、予約もそこでできるようになりますのでご確認ください。
なお、くじゅう花公園は、12月~2月の冬季は閉園になりますのでご注意ください。

九重夢大吊橋

先ほど少しお話した、九重町の財政を救った吊橋です。
こちらは少し到着までの道が分かりづらいので、ナビなどをご利用の上お越しください。

ここはその名の通り大きな吊橋です。
見た目は山と山の間にかけられているような感じで、橋の下は谷です。
谷底からは173メートルという高さで、一番大きなピラミッドの頂上よりもまだ高いとのことです。

2006年に出来たこの吊橋は、当時日本一大きな吊橋として有名になりましたが、残念ながら長さでは2015年に静岡県の「三島大吊橋」に抜かれてしまいました。
なお、高さは現在でも日本一です。

この九重夢大吊橋ですが、結構揺れます。
あの高さで揺れられたら溜まったもんじゃありません。
特に私は高所恐怖症なので、渡り終えるまで行きた心地がしませんでした。
ただし、吊橋なので、一度渡っただけでは終わりではありません。
もう一度反対側までいかないと、駐車場に置いてきた車を回収できません。
そのことに気づいたときには、全身の力が抜けました。
なお、どうしても往復できない人は、タクシーなどで反対側に送ってもらえるようなのでご安心ください。

景色はとても綺麗です。
山から山へ渡っているわけなので、空を飛んでいるかのような景色を見ることが出来ます。
私が訪れた時はキレイな緑色の山の景色を見ることが出来ましたが、秋にはその山が紅葉して、また違った美しさを見ることができるようです。

営業時間は9月と10月は8:30~18:00、それ以外は8:30~17:00、最終受付は30分前です。
(※2021年7月3日現在、新型コロナウイルスの影響で17時までの営業となっています。)
入場料は小学生未満無料、小学生200円、中学生以上500円です。
定休日はありませんが、天候によっては渡れないことがありますので、天気情報をご確認ください。

ガンジー牧場

久住の山あいの道を車で走ると「ガンジー牧場」と書かれた看板を何度か見かけることになるかと思います。
久住や九重地域まで来たら、ぜひここに立ち寄ってください。

牛や馬などの動物がいる牧場で、動物たちともふれあえたりするのですが、なんといっても一番のオススメはここのソフトクリームです。
個人的には今まで食べたソフトクリームの中でダントツで美味しいです。
「ガンジー牛」というめずらしい牛の牛乳を使っているらしいです。


特徴としては非常に味が濃いです。
また、非常に溶けやすいです。1つ食べ終えるまでに、下に一滴もこぼさず食べるのは不可能だと思えるほど、溶けるのが早いです。
コーンとカップが選べますので、カップを選びましょう。
せっかく美味しいのにこぼしてしまったらもったいないです。

ソフトクリーム以外にも、ガンジー牛の牛乳やヨーグルト、チーズやケーキなども売店で売っていますので、お土産をここで買うのもオススメです。


今回は久住・九重方面のオススメ観光スポットをご紹介しました。
こちらの地域もまだまだたくさん楽しめる場所があります。
続きはまたの機会にご紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました