ロシアのクレムリンとは何のこと?

クレムリン 政治・経済
スポンサーリンク

ウクライナにロシア軍が侵攻して1ヶ月以上が立ちました。

連日そのニュースが頻繁に報道されていますが、その中で時折「クレムリン」という言葉が出てくることがあります。

このクレムリンとはなんのことでしょうか?

スポンサーリンク

ロシアの「クレムリン」とは?

クレムリンとは、ロシアの宮殿のことです。

その宮殿に「大統領府」「大統領官邸」が置かれています。

そのため、ロシア政府の代名詞としても使われます。

つまり、ニュースで「クレムリンは~」と報道された場合、「ロシア政府は~」と置き換えられます

アメリカ政府のことを「ホワイトハウス」と呼んだり、日本の政治家のことを「永田町」と呼ぶのと同じ感覚です。

スポンサーリンク

宮殿クレムリン

せっかくなので、「(ロシア政府という意味ではない)宮殿の方のクレムリン」の豆知識を記載します。

もともと「クレムリン」が築かれたのは12世紀ごろとされています。

当時は天然の要害を利用した城塞であったとされています。

その後、ロシア帝国の前身である「モスクワ大公国」という国の4代目、「ドミートリー・ドンスコイ」という人物が14世紀に石造りの要塞として再建します。

15世紀にはルネサンス風の建物に全面改修を行います。

このときの改修で現在とほぼ同じ外観を持つようになりました。

1712年、ロシア帝国の初代皇帝、「ピョートル大帝」がサンクトペテルブルクに遷都を行い、ロシア帝国の首都が変わります。

ロシア革命が起こると、クレムリンはソビエト政府の中心となります。

以降、ソビエト・ロシアの政治の中心として存続し、現在ではロシア政府の代名詞として「クレムリン」が定着しています。

なお、「クレムリン」という言葉の意味は「城塞」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました