高校野球【甲子園2021年】8月23日の結果と試合展開

スポンサーリンク

※本日は1試合のみです。

スポンサーリンク

第1試合

大阪桐蔭(大阪)46近江(滋賀)

初回、大阪桐蔭は2アウトながら満塁のチャンスを作ると、6番宮下選手がレフトへ走者一掃のタイムリーツーベースヒットを放ちます。これで3点先制。

さらに2回表、8番の松尾選手がバックスクリーンへソロホームラン。4-0とリードを広げます。

対する近江は3回裏、スクイズで1点を返すと、4回には5番新野選手のソロホームラン、5回に1アウト満塁から4番山田選手の犠牲フライで1点を追加。

じわじわと差を縮めます。

そして7回裏、2アウトランナー1,2塁から5番新野選手のタイムリーヒットで近江がついに同点に追いつきます。

8回裏、近江高校は2アウトながら満塁のチャンスを作ります。

ここで3番山口選手がライト線を破る2点タイムリーツーベースヒット。6-4と逆転に成功します。

9回表、2点をリードされる形となった大阪桐蔭の最後の攻撃は、近江の岩佐投手が3人で抑え試合終了。

近江が見事な逆転劇で強豪大阪桐蔭を下しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました