高校野球【甲子園2021夏】日程・組合せと注目の対決カード

甲子園球場 スポーツ
高校野球日程
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年甲子園大会【第103回全国高校野球選手権】組み合わせ

一回戦

大会1日目  8月9日(月)
10:30~ 日大山形(山形)vs.米子東(鳥取)
13:00~ 新田(愛媛)vs.静岡(静岡)
15:30~ 東明館(佐賀)vs.日本航空(山梨)


大会2日目  8月10日(火)
8:00~ 智弁学園(奈良)vs.倉敷商(岡山)
10:30~ 広島新庄(広島)vs.横浜(神奈川)
13:00~ 高岡商(富山)vs.松商学園(長野)
15:30~ 東北学院(宮城)vs.愛工大名電(愛知)


大会3日目  8月11日(水)
8:00~ 明桜(秋田)vs.帯広農(北北海道)
10:30~ 県岐阜商(岐阜)vs.明徳義塾(高知)
13:00~ 神戸国際大付(兵庫)vs.北海(南北海道)
15:30~ 小松大谷(石川)vs.高川学園(山口)


大会4日目  8月12日(木)
8:00~  長崎商(長崎)vs.熊本工(熊本)
10:30~ 専大松戸(千葉)vs.明豊(大分)
13:00~ 阿南光(徳島)vs.沖縄尚学(沖縄)
15:30~ 鹿島学園(茨城)vs.盛岡大付(岩手)


大会5日目 8月13日(金)
8:00~  大阪桐蔭(大阪)vs.東海大菅生(西東京)
10:30~  近江(滋賀)vs.日大東北(福島)

スポンサーリンク

一回戦注目カード

大会2日目第2試合  広島新庄VS横浜

春夏連続出場の強豪広島新庄(広島)と、地方大会で圧倒的な強さを見せつけた名門横浜高校(神奈川)が一回戦で激突します。

右の花田投手、左の秋山投手の2人のエース級投手を擁する広島新庄と、地方大会の7試合で94点もの得点をあげた横浜高校の攻撃力の対決が注目されます。

大会3日目第1試合  明桜VS帯広農

大会3日目には、今年のドラフト1位候補との呼び声も高い明桜(秋田)の風間球打投手が登場します。

対する帯広農業(北北海道)は、地方大会決勝で19得点の大会新記録を作り、さらに先発全員安打・得点・打点という強力な打撃力を誇ります。

強力な投・打のチーム同士がぶつかり合う注目のカードです。

大会3日目第3試合  神戸国際大付VS北海

もはや因縁の対決と言っても過言ではないかもしれません。

今年の春の選抜高校野球大会の1回戦、さらに2017年夏の甲子園大会の1回戦に続き、3回連続で同じ対戦カードとなりました。

2017年夏、2021年春の対決では、神戸国際大付属(兵庫)がいずれも勝利していますが、全国最多出場の北海(南北海道)も力のある強豪校ですので、3回目の対戦はどうなるのか注目が集まります。

大会4日目第2試合 専大松戸VS明豊

春夏連続出場同士の対決となりました。

春の選抜大会では、専大松戸(千葉)は一回戦で中京大中京高校に0-2で、明豊(大分)は決勝戦で東海大相模に3-2で敗れています。

どちらも強豪校相手にあと一歩のところで涙をのんだだけに、春のリベンジに燃える両チームの対決は見ものです。

大会5日目第1試合 大阪桐蔭高校VS東海大菅生

大阪桐蔭高校(大阪)と東海大菅生(西東京)という高校野球ファンにはお馴染みの強豪校同士が1回戦でぶつかります。

大阪桐蔭高校と横浜高校が一回戦で戦った、2006年の夏の甲子園を思い出させるような抽選結果でした。

どちらも強豪校で、どちらが勝ってもおかしくない対戦カードは、いやでも注目が集まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました