北朝鮮はミサイルを何のために撃つのか?発射実験と核実験の狙いは?

北朝鮮 政治・経済
スポンサーリンク

北朝鮮の発射したミサイルが日本の排他的経済水域内に着水したとの報道がありました。

たびたび話題にあがるニュースですが、そもそも北朝鮮はなぜこんなにミサイルの発射実験を行っているのでしょう?

スポンサーリンク

北朝鮮がミサイルを撃つのはなぜ?

北朝鮮がミサイルを何度も発射するのは、経済制裁を解除してもらおうとしての行動です。

北朝鮮は過去に核実験を行ったため、国連から経済制裁を受けています。

この経済制裁を主導したのがアメリカです。

現在、アメリカ側は北朝鮮の非核化を巡って交渉を望んでいますが、北朝鮮側は「経済制裁解除が先である」として交渉を拒んでいます。

アメリカとしては、交渉→非核化→経済制裁解除という流れを考えており、北朝鮮は、経済制裁解除→交渉→非核化(の検討)という順番を望んでいます。

北朝鮮が何度もミサイルを発射するのは「アメリカに届くミサイルを持っている」とアピールすることで、アメリカを脅して、交渉するより先に経済制裁を解除してもらおうと考えているためです。

スポンサーリンク

北朝鮮が発射実験や核実験で狙っていること

北朝鮮のミサイル製造技術は年々向上しています。

2022年3月に行われた実験では、ついにアメリカ全土を射程距離にできるミサイルを開発したとされています。

並行して核実験も頻繁に行っています。

アメリカ全土を射程距離にできるミサイルに核弾頭をつけて「アメリカのどこでも核で攻撃できるという状態」を作り出し、アメリカとの交渉を有利にすすめることを狙っています。

北朝鮮とアメリカはそもそも休戦状態です

東西冷戦の時代に朝鮮戦争が勃発しましたが、この戦争は単純に「北朝鮮VS韓国」の戦いではなく、アメリカを中心とした国連軍や中国人民志願軍なども参戦しています。

そしてその朝鮮戦争は2022年現在でも正式には終わっておらず、停戦中という扱いです。

北朝鮮はアメリカのことを「第一の敵国」としており、アメリカ側の些細な言動を戦争再開の宣言だとみなそうとする傾向があります。

アメリカは朝鮮戦争の休戦以降、1990年代までの間に北朝鮮対策として、韓国に多くの核兵器を配備しました。

敵国がすぐとなりの国に大量の核兵器を配備したとなれば、北朝鮮から見るとたまったものではありません。

そこで、その対抗策として核兵器の開発を始めました。

この状況はよくないとして、南北朝鮮の間で「朝鮮半島から核兵器をなくそう」という話し合いがされ、共同宣言が出されました。

ですが、その共同宣言後も北朝鮮はこっそりと核開発を続けます。

このことで国連は北朝鮮に経済制裁を課します。

経済制裁で苦しくなった北朝鮮は、「制裁を解除させるための手段」としてミサイル発射を繰り返すようになりました。

これが功を奏したこともありましたが、何度も同じ手を使いすぎて今ではほとんど効果が得られていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました