緊急事態宣言の地域拡大・期間も9月12日まで延長

スポンサーリンク
スポンサーリンク

8月20日から7府県に緊急事態宣言

与党幹部の話によると、17日、茨城・群馬・栃木・静岡・京都・兵庫・福岡の7つの府県に緊急事態宣言が出される見込みであることが判明しました。

期間は8月20日から9月12日までです。

東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、沖縄の6都府県にすでに出されている緊急事態宣言も、8月末までの解除は困難であると判断され、9月12日まで延長される見通しです。

スポンサーリンク

緊急事態宣言で感染は収まるのか?

こうした中、緊急事態宣言の効果自体について懐疑的な見方も強まっています。

東京オリンピックの開催や自粛疲れ、緊急事態宣言に対する慣れもあって人出は思うほど減っていません。

かといって、他に政府が打ち出せる策があるわけでもないようです。

政府の対策としては、8月5日に開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の資料によると、まん延防止等重点措置の地域に「酒類提供の停止」・「テレワークの推進」・「不要不急の外出の自粛」を呼びかける、引き続き病床の確保を進める、国民に夏休み期間の不要不急の外出・帰省・旅行を控えてもらうように呼びかけるといったものでした。

今まで行ってきたことをこれからも同じように続けるという判断のようなので、どこかで急激に感染者が少なくなることはないと推測できます。

現状日本では、ワクチン接種が唯一の感染拡大防止の策のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました