「承久の乱」を簡単にわかりやすく・誰VS誰の戦いで北条義時は何をした?

牧氏の変 映画・ドラマ
スポンサーリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、おそらく「承久の乱」がクライマックスになるだろうと言われています。

ドラマの主人公・北条義時最大の戦いとなった「承久の乱」をできるだけ簡単にわかりやすくまとめます。

スポンサーリンク

承久の乱とは?

承久の乱は、簡単に言うと「朝廷」と「幕府」が真正面からぶつかった戦です。

もっと具体的にいうと、後鳥羽上皇VS北条義時の戦いでした。

この戦いでは、幕府軍(北条義時側)が圧倒的な勝利を収めました。

敗れた後鳥羽上皇は隠岐島に流罪となり、朝廷は幕府に完全に従属します。

もともと幕府にいる武士たちは朝廷の臣下ですので、ある意味クーデターといえます。

これ以降、日本国の実効支配権が「天皇や公家」から「武士」へ移行するという、革命的な大事件です。

スポンサーリンク

承久の乱と北条義時

承久の乱は後鳥羽上皇が挙兵したことで起こります。

後鳥羽上皇の目的は幕府を倒して権力を朝廷に取り戻すことにありましたが、このとき討伐の対象とされたのは「北条義時」でした。

後鳥羽上皇としては、幕府ではなく北条義時個人に追討命令を出すことで、北条氏に不満を持つ御家人たちがこぞって従うと考えていたようです。

実際、当時の鎌倉幕府ナンバー2の義時が朝敵となったことで、宿老を始め御家人たちは大きく動揺しました。

この動揺を収めたのが北条政子で、有名な「尼将軍・北条政子の演説」はこのときになされたものです。

政子は後鳥羽上皇の思惑を見破っていました。

政子は、後鳥羽上皇の院宣が北条義時個人ではなく、鎌倉幕府全体を崩壊させるために出されたものだと主張しました。

そして、皆にとって恩義がある源頼朝の築いた鎌倉幕府を守り、反逆者たちを討ちとって欲しいと訴えかけます。

この演説に御家人たちが心を動かされ、団結して朝廷方を打ち破る原動力になったと伝わります。

なお、北条義時はこの戦で出撃する幕府軍には加わらず、鎌倉にいて総大将となる息子の泰時に指示を出していました。

スポンサーリンク

戦いの経過

承久の乱の経過を簡単に記します。

後鳥羽上皇挙兵

1221年5月14日、後鳥羽上皇は「流鏑馬」をすることを口実に兵を集めます。

京に1700騎もの武士が集まりました。

北条義時の妻・伊賀の方(※ドラマでは「のえ」)の兄で、当時京都守護をしていた伊賀光季(いがみつすえ)がこの後鳥羽上皇の軍に攻められます。

伊賀光季は討ち死にしてしまいますが、下人を落ち延びさせて鎌倉に後鳥羽上皇挙兵を伝えます。

その後、後鳥羽上皇は有力な御家人に対して「北条義時討伐の院宣」を発し、近国の関所を固めさせました。

当時の朝廷の権力は絶対的だったため、朝敵となった北条義時の味方をする者は1000人もいないだろうと朝廷軍は楽観的でした。

京にいた朝廷方の武士たちの士気は大いに上がり、ほとんど勝ちを確信していたようです。

鎌倉方の対応

伊賀光季の下人などから後鳥羽上皇挙兵の急報が伝わります。

これが挙兵の5日後の5月19日のこと。

鎌倉は大いに動揺します。

このときに北条政子の演説が行われたとされます。

皆心を一にして奉るべし。これ最期の詞なり。故右大將軍朝敵を征罰し、關東を草創してより以降、官位と云ひ俸祿と云ひ、其の恩既に山嶽よりも高く、溟渤よりも深し。報謝の志これ淺からんや。而るに今逆臣の讒に依り非義の綸旨を下さる。名を惜しむの族は、早く秀康・胤義等を討取り三代將軍の遺蹟を全うすべし。但し院中に參らんと慾する者は、只今申し切るべし。

吾妻鏡より

源頼朝の恩に報いるため、偽りを訴えて院宣を出させた反逆者どもを討ち取れ」というような内容でした。(※「後鳥羽上皇に逆らえ」とは言っていないのが上手いところです。)

これで鎌倉の御家人たちは団結し、朝廷と戦う決意を固めたとされています。

迎撃か・出撃か

幕府方は朝廷と戦う決意をしたものの、今度は「どう戦うか」で意見が割れます。

当初は箱根・足柄あたりで朝廷軍を迎え撃つ「迎撃論」が有力でした。

しかし、大江広元が「朝廷軍が来るのを待つ間に幕府軍の団結がくずれるおそれがある」と主張し、北条政子がこれに同意します。

政子は「武蔵国の軍勢」が到着次第、ただちに京に向けて出撃することを命令します。

ところがその「武蔵国の軍勢」を待つ間、慎重論をとなえる者が多く出ました。

これを見て大江広元・三善康信らが、「武蔵勢を待つのももはや得策ではないので、大将だけでもすぐに出発するべきだ」という主張をします。

大将が出発すれば、各地の御家人は大将を追いかけて来るはずだという読みがありました。

この策が採用され、総大将として北条泰時が鎌倉を出発します。

このときの軍勢はわずか18騎だったとされています。

膨れ上がる軍勢

最初は18騎だった幕府軍も、道中で次々に味方が増えていきます。

大江広元の策が見事にあたりました。

最終的に幕府軍は19万騎まで膨れ上がったとされています。

約1万倍に増えました。

幕府軍は軍隊を3つに分け、それぞれ「東海道」「東山道」「北陸道」の3つのルートから京を目指しました。

これは、鎌倉から京までのそれぞれの地域の勢力がどちらを支持しているのかを確認しながら進軍する必要があったためです。

東海道は総大将の北条泰時とその叔父・北条時房が、東山道は武田信義の息子・武田信光が、北陸道は北条義時の次男・北条朝時が率いたとされています。

激突と決着

京の朝廷軍は幕府軍の出撃など予想していません。

とりあえず美濃国で迎撃しようとしますが、圧倒的な戦力差の前に総崩れとなります。

この知らせを受けて後鳥羽上皇は軍勢を配備し直します。

その甲斐あって少しは幕府軍を苦戦させますが、これも焼け石に水。

圧倒的な戦力で予想外のスピードで進軍してくる幕府軍を前に、京は大混乱に陥ります。

後鳥羽上皇が流鏑馬を口実として兵を集めた5月14日からちょうど一ヶ月後の6月14日夜、ついに幕府軍が京へなだれ込みます。

追い詰められた後鳥羽上皇は「最後の一戦に参りましょう」と死を覚悟して誘いにきた家臣すら追い返して閉じこもります。

そのうえで幕府方に使者を送り、「この乱は謀臣の企てであった」として義時討伐の院宣を取り消します。

同時に今まで味方として戦い、先程「最後の一戦」の誘いに来た「藤原秀康」、「三浦胤義」らの逮捕を命じる院宣を出します。

藤原秀康は捕縛され、三浦胤義は自害します。

戦は幕府軍の圧倒的な勝利で幕を閉じました。

スポンサーリンク

戦後

首謀者の後鳥羽上皇は隠岐島(島根県)に流罪となりました。

その他の関係者も次々と流罪に処せられます。

この乱に幕府軍が勝利したことによって朝廷は完全に幕府の支配下に置かれます。

皇位継承の管理も幕府がするようになり、朝廷が何かをするときには幕府に伺いを立てなければなりません。

京都守護に代わって「六波羅探題」が設置され、京の動きは常に幕府に監視されるようにもなりました。

承久の乱をきっかけに、それまで長い間支配階級だった天皇や公家が力を失い、代わりに武装農民階級から起こった武士が大きな力を手にします。

前代未聞の下剋上」と呼ばれることもあるこの承久の乱は、確実に日本の歴史のターニングポイントとなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました