稲毛重成とはどんな人物で最期はどうなる?鎌倉殿の13人登場の御家人

佐々木秀義 映画・ドラマ
スポンサーリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に「稲毛重成」という御家人が登場します。

有名な武将というわけではないのですが、ドラマで意味ありげに紹介されていたり、公式ホームページの「登場人物紹介」のページに他の有名な人達と並んで表示されていたりします。

今後ドラマ内で活躍するかもしれませんので、彼の情報を簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

稲毛重成とはどんな人物?

稲毛重成は、武蔵国(埼玉県)の御家人です。

平氏の末裔で、中川大志さんが演じる「畠山重忠」と従兄弟にあたります。

関連記事:稲毛重成と畠山重忠の関係

もともとは平氏方として源頼朝とは対立する立場にありましたが、畠山重忠が頼朝の元に下った際、一緒に頼朝の御家人となっています。

以降、平氏との戦や奥州藤原氏との戦で活躍しますが、大河ドラマではとくにその様子も描かれませんでした。

この人が有名になったのは、橋供養の件が大きいと思われます。

稲毛重成は、源頼朝の上洛に同行し、京都へ赴きます。

その帰り道で妻が危篤となったことを知り、頼朝から馬を借りて急いで本領に帰ります。

しかし、程なくして妻は亡くなってしまいます。

悲しみのあまり重成は出家。

妻のために相模川に橋を掛けます。

この橋が完成した時、落成供養が行われ、源頼朝もそれに参加していました。

源頼朝はこの落成供養の帰り道、馬から落ちて体調を崩し、その後回復すること無く亡くなってしまったと言われています。

稲毛重成が特に何かしたわけではありませんが、源頼朝が亡くなるきっかけとなった出来事として、稲毛重成の名がよく出てきます。

なお、余談ですが関東を中心とするスーパーマーケットの「いなげや」は、この稲毛重成が由来となっています。

スポンサーリンク

稲毛重成の最期

稲毛重成は「坂東武士の鑑」と言われた畠山重忠と従兄弟です。

また、北条時政の義理の息子でもありました。

北条時政が畠山重忠を攻めた「畠山重忠の乱」で畠山重忠は滅ぼされます。

すると、畠山重忠を滅ぼすために、稲毛重成が北条時政に「告げ口したのではないか」という疑いがかけられます。

この罪によって稲毛重成は攻められ、討ち取られてしまいます。

この時、稲毛重成らを攻めたのは三浦義村でした。

重成自身は「大河戸行元(おおかわどゆきもと)」という武士に討ち取られて亡くなります。

逃れた一族の大半は讃岐の国へ逃れ、現在の「香川県まんのう町」には「稲毛」という名字が残っているとされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました