伊賀氏の変とはどんな事件?北条義時死亡後の【のえ】の反乱

伊賀氏の変 映画・ドラマ
スポンサーリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に「のえ」という人物が登場します。

史実では「伊賀の方(いがのかた)」という名前で呼ばれています。

北条義時が姫の前(比奈)と離縁したあとに結婚した女性で、13人の1人「二階堂行政(にかいどうゆきまさ)」の孫でもあります。

この「のえ」さんは、後にある事件を引き起こします。

以下、北条義時急死直後に起きた「伊賀氏の変」を簡単に紹介します。

スポンサーリンク

伊賀氏の変とは?

伊賀氏の変とは、北条義時の後妻である伊賀の方(※ドラマでは「のえ」)らが、自分たちに都合のいい将軍と執権を擁立しようとして失敗したとされる事件です。

北条義時が急死した直後に起きたとされています。

将軍には伊賀の方(のえ)の娘婿「一条実雅(いちじょうさねまさ)」を、執権には伊賀の方(のえ)の実子「北条政村(ほうじょうまさむら)」を就任させようとしました。

しかし、この企みは事前に北条政子の手によって阻止されます。

伊賀の方(のえ)は伊豆へ流罪となり、おそらくはそこで亡くなっています。

スポンサーリンク

伊賀氏の変詳細

北条義時が亡くなると、幕府の事実上の最高権力者である「執権」の地位に空きができます。

そのタイミングで義時の妻である伊賀の方(のえ)と、その兄の「伊賀光宗(いがみつむね)」が三浦義村と手を結び将軍に一条実雅を、執権に北条政村を擁立しようと企てます。

しかし、北条政子がこの不穏な動きに気づきます。

このとき、京の六波羅探題にいた北条義時の長男・北条泰時が鎌倉へ帰ってきていました。

(※泰時は鎌倉で兵を整えたらしく、泰時が政村を討つのではないかという噂がたっています。)

政子はそのまま泰時を鎌倉に留め置き、第3代執権に就任させます。

そして三浦義村に泰時の支持をするように念を押し、伊賀氏の計画に釘を刺しました。

これで伊賀氏の計画は頓挫します。

伊賀の方(のえ)と兄の伊賀光宗、将軍に擁立された一条実雅は流罪となりました。

ただ、第3代執権として担がれそうになった北条政村は処罰を免れ、要職を歴任した後に、第7代執権として活躍することになります。

スポンサーリンク

伊賀氏の変は北条政子のでっちあげ?

以上、伊賀氏の変についてご紹介しましたが、これは「風説」として語られている内容です。

「吾妻鏡」には、伊賀氏が北条政子に処分されたことのみが記されています。

伊賀氏が謀反を企んだとは明言されていません。

それどころか、北条泰時が「伊賀氏による謀反の噂は事実ではないので騒ぐな」とまで言及しており、伊賀氏の謀反は否定されています。

そこで、「伊賀氏の変」は北条政子のでっちあげではないか?という説が生まれています。

この頃の北条政子は将軍家との繋がりもなく、北条の実力者とも関係が薄くなっていました。

義時が亡くなった後、強い立場を持つことになるであろう伊賀の方(のえ)を強引に潰そうとした結果、「牧氏事件」と同じ構図を作り上げて処罰したのではないかと言われています。

本当のところはわかりませんが、陰謀があったにせよ無かったにせよ冤罪であった可能性は高いとされる事件です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました