紅白歌合戦で蛍の光が歌われるのは何故?蛍の光の原曲は?

蛍 芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク

紅白歌合戦で蛍の光を歌うのは何故?

蛍の光は日本では主に「終了を惜しむ曲」「終わりを知らせる曲」「別れの曲」として扱われています。

卒業式や閉会式などの式典の終盤、スーパーやデパートなどの商業施設の閉店時によく蛍の光のメロディが流れます。

(実をいうと、厳密にはあれは本来の蛍の光ではない場合が多いのですが…)

終了間際にその終了を惜しみ、終りが近いことを知らせるためによく用いられる曲です。

紅白歌合戦で出場者が蛍の光を歌う理由もこれと同じです。

つまり、「紅白歌合戦が終わることを惜しみ、かつ、もうすぐ紅白歌合戦が終わることを知らせるため」に蛍の光が歌われます。

蛍の光が流れると、条件反射的に「もう終わりか…」という雰囲気になりますよね。

その雰囲気を意図的に作るために「蛍の光」が使われます。

スポンサーリンク

蛍の光の原曲

「蛍の光」の原曲は、スコットランドの民謡「オールド・ラング・サイン」という曲です。

この曲は、非公式ではありますが、スコットランドの準国歌と言われるほど有名な曲で、日本だけではなく、世界中に広がっています。

古くからスコットランドに伝わっていた曲で、作曲家も不明です。

作詞は18世紀のスコットランドの詩人、ロバート・バーンズという人物が手掛けています。

原曲の歌詞は「古い友人と再会し、過ぎ去った昔に思いを馳せながら酒を酌み交わす」という内容です。

この過去を懐かしむ歌詞と、少し哀愁の漂うメロディが重なって「別れの曲」というイメージが定着していったものと思われます。

日本や中国、韓国などのアジア圏では卒業式や葬儀などといった「終わり」を象徴する場面に使われる事が多く、イギリスやアメリカなどの英語圏では、新年のカウントダウンで年が明けた瞬間など「境目の曲」として使われることがある曲です。

この曲に日本語の歌詞をつけたものが「蛍の光」です。

なお、本来4拍子の「オールド・ラング・サイン」を3拍子に編曲したものは「別れのワルツ」と呼ばれており、実は閉店間際に流れるメロディはそのほとんどが「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」だったりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました