比奈と呼ばれる北条義時の正室はどんな人物?姫の前のその後

姫の前 映画・ドラマ
スポンサーリンク

大河ドラマ鎌倉殿の13人では、主人公北条義時の正室は「比奈」という名前です。

一般に「姫の前」と呼ばれるこの女性はどんな人物で、どんな生涯を辿ったのでしょうか?

スポンサーリンク

北条義時の正室「比奈」とはどんな人物?

比奈(姫の前)は、北条義時の正室で、比企朝宗の娘であったとされています。

鎌倉殿の13人 公式Twitterより

比企朝宗は「13人」の一人である比企能員の兄弟です。

(※朝宗の生没年が不明のため、どちらが兄かでどちらが弟か分かっていません。)

大変美しく、当時並ぶ者のいない権力と勢力を誇る女性だったとされています。

北条義時は1年以上恋文を送り続けましたが、相手にされず、源頼朝の取りはからいで2人は結婚したようです。

源頼朝が征夷大将軍となったのと同じ1192年に結婚し、翌年に義時の次男となる朝時を、その5年後には三男・重時を産んでいます。

スポンサーリンク

比奈(姫の前)のその後

北条義時と結婚して約11年後、「比企能員の変」と言われる事件が起こります。

この事件は簡単に言うと、比企氏が北条義時を大将とする軍に攻められた事件です。

これにより比奈(姫の前)の実家である比企氏は滅亡。

その後の姫の前については詳細不明ですが、ある資料によると北条義時とは離縁したとされています。

義時もこのタイミングで「伊賀の方」という後妻を迎えているため、離縁したことは真実であるとみられています。

その後、姫の前は京へ行き、源具親(みなもとのともちか)という公家と再婚し、子を産んでいます。

再婚から約3年後、姫の前は亡くなったとされています。

「夫に実家を攻め滅ぼされ、京へ逃れて3年後に死亡」という、なんとも可哀想な運命を生きた姫でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました