セ・リーグクライマックスシリーズ第2戦の試合結果と試合内容(11/11)

クライマックスシリーズ スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤクルト対巨人2戦目

先発はヤクルト高橋投手 、巨人が菅野投手となっています。

それぞれのスターティングメンバーは次のとおりです。

東京ヤクルトスワローズ

  • 1番: 塩見 (中)
  • 2番: 青木 (左)
  • 3番: 山田 (二)
  • 4番: 村上 (三)
  • 5番: サンタナ (右)
  • 6番: 中村 (捕)
  • 7番: オスナ (一)
  • 8番: 西浦 (遊)
  • 9番: 高橋 (投)

読売ジャイアンツ

  • 1番: 松原 (右)
  • 2番: 廣岡 (三)
  • 3番: 坂本 (遊)
  • 4番: 丸 (中)
  • 5番: ウィーラー (左)
  • 6番: 中島 (一)
  • 7番: 吉川 (二)
  • 8番: 小林 (捕)
  • 9番: 菅野 (投)
スポンサーリンク

試合結果

ヤクルト巨人

スポンサーリンク

試合内容

1回裏、巨人はいきなりチャンスを迎えます。

2番廣岡選手のツーベースを皮切りに、2アウト満塁のチャンスを作ります。

ですが、ここは先発高橋投手が高めのストレートで中島選手を空振り三振に仕留め0点で抑えます。

すると、2回裏、今度はヤクルトがヒットとファーボールでつなぎ、1アウト満塁のチャンスを作り出します。

8番西浦選手の打球はセンターへ。

これが犠牲フライとなり、ヤクルトが1点を先制します。

3回裏にもヤクルトは1アウト1,3塁のチャンスを作りますが、菅野投手が見事に抑え追加点を許しません。

しばらく投手戦が続いた後の6回裏、ヤクルトは2アウト満塁のチャンスを迎えます。

代打で川端選手が登場し、粘ってファーボールを選び押し出しで1点を追加。

2-0とリードを広げます。

さらに続く1番塩見選手がセンターへ走者一掃のタイムリースリーベース。

一挙に3点を追加し5-0。

エース菅野投手を引きずり下ろします。

ヤクルト押せ押せムードでしたが、高梨投手→鍵谷投手と細かい継投で後続を打ち取り、追加点は許しません。

その後、短期決戦らしく両チームとも選手交代を繰り返しながら試合を進めていきますが、得点は入りません。

最後はマクガフ投手が中島選手を三振に抑え、ヤクルトが完封勝利。

2連勝で日本シリーズに向けて大きく前進しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました