セ・リーグクライマックスシリーズ第3戦の試合結果と内容(11/12)

野球 スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤクルト対巨人第3戦目

ここまでの2試合はヤクルトが2勝し、さらにペナントレース優勝のアドバンテージがありますので、今日の試合で勝つか引き分けるとヤクルトの日本シリーズ進出が決定します。

大事な試合、ヤクルトの先発は投手、巨人の先発はメルセデス投手です。

スターティングメンバーは次の通り

東京ヤクルトスワローズ

  • 1番: 塩見 (中)
  • 2番: 青木 (左)
  • 3番: 山田 (二)
  • 4番: 村上 (三)
  • 5番: サンタナ (右)
  • 6番: 中村 (捕)
  • 7番: オスナ (一)
  • 8番: 西浦 (遊)
  • 9番: 原 (投)

読売ジャイアンツ

  • 1番: 吉川 (二)
  • 2番: 亀井 (左)
  • 3番: 坂本 (遊)
  • 4番: 丸 (中)
  • 5番: ウィーラー (一)
  • 6番: 大城 (捕)
  • 7番: 廣岡 (三)
  • 8番: 松原 (右)
  • 9番: メルセデス (投)
スポンサーリンク

試合結果

ヤクルト2-2巨人

クライマックスシリーズは延長戦がないため9回表終了時点でヤクルトの引き分け以上が決定

ヤクルトは今日の試合前時点で、7戦中(ペナントレース優勝のアドバンテージ含め3勝しています。

全7戦中、3勝3敗1分けの場合、ペナントレース上位のチームが優先されるため、「3勝1分け」の時点でヤクルトの日本シリーズ進出決定です。

スポンサーリンク

試合内容

立ち上がりは両投手とも上々。

ですが2回にアクシデントが起こります。

巨人6番大城選手の打球がヤクルト原投手を強襲。

急遽、金久保投手がマウンドに上がります。

すると次の3回表、ファーボールとヒットで1アウト1,3塁と巨人がチャンスを作ると、3番坂本選手がセンターへの犠牲フライで1点先制。

後がない巨人が先制点を奪います。

先発のメルセデス投手も好投、4つの四死球を出すものの、6回までヤクルト打線を1安打に抑えます。

ヤクルト、巨人ともに得点圏までランナーを進めることはあるものの、なかなか点が入らない展開が続きます。

7回裏、ヤクルトは2アウトながら満塁のチャンスを迎えます。

打席にはベテランの2番青木選手。

巨人は中川投手がマウンドに上がります。

初球を見事に捉え、レフトへの2点タイムリーヒット。

ヤクルトが逆転に成功します。

しかし、その直後の8回表、2アウトからウィーラー選手がヒット、大城選手がファーボールで出塁し、1,2塁とします。

ワイルドピッチで2アウト2,3塁とランナーを進めると、ここで7番廣岡選手がショートへの内野安打。

ランナー一人が帰り、同点に追いつきます。

8回裏のヤクルトは無得点。

9回表に巨人が無得点であれば、引き分けがないためヤクルトの日本シリーズ進出が決まります。

ヤクルトはマクガフ投手がマウンドにあがります。

センターフライ、サードゴロときて、最後は代打の中田翔選手を空振り三振にきってとり、無得点に抑えました。

これにより、ヤクルトは引き分け以上が確定。

9回裏の攻撃をすることなく、日本シリーズ進出を決めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました