セ・リーグクライマックスシリーズ2021結果と内容(11/6)

野球 スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

巨人は菅野智之、阪神は巨人キラーの髙橋遥人が先発

クライマックスシリーズのファーストステージでセ・リーグ2位の阪神とセ・リーグ3位の巨人がぶつかりました。

阪神の先発は、今季巨人に対して相性のいい高橋遥人投手、対する巨人の先発はエース菅野智之投手です。

スポンサーリンク

試合結果

試合は4-0巨人が勝ちました。

これで巨人はあと1勝すれば、ファイナルステージ進出です。

スポンサーリンク

試合内容

4回までは両チームとも無失点でした。

試合が動いたのは5回表、7番吉川選手がセンターへタイムリーを放ち1-0。

6回表にはウィーラー選手が2点タイムリーツーベースを打って3-0と突き放します。

巨人キラーの高橋遥人投手は6回裏に代打を送られ降板します。

6イニング3失点と悪くない内容でしたが、打線の援護を得られず無念の降板。

すると、8回表に再びウィーラー選手がタイムリー。

4-0とじわじわ点差を広げます。

巨人は先発の菅野投手から8回にデラロサ投手、9回にはビエイラ投手へと継投。

これが見事な無失点リレーとなり、セ・リーグ3位の巨人がクライマックスシリーズの第2ステージへ王手をかけました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました