クリスマスケーキを食べるのは日本だけ?世界各国のクリスマスのお菓子

クリスマスケーキ イベント
スポンサーリンク

日本では「クリスマスケーキ」といえば、「いちごがのった白いデコレーションケーキ」を食べるのが一般的です。

ですが、世界各国を見てみると、クリスマスに「デコレーションケーキ」を食べる国は他にほとんどありません。

クリスマスケーキが日本だけのものならば、他の国は何を食べているのでしょう?

スポンサーリンク

クリスマスケーキを食べるのは日本だけ?

日本で今のようなクリスマスケーキが食べられるようになったのは、大正時代のころだと言われています。

もっともその頃はまだクリスマス自体が一般的ではなかったので、ごく一部の人にしか食べられていませんでした。

最初にクリスマスにケーキを食べる習慣を広めたのは、お菓子メーカーの不二家だとされています。

不二家が「クリスマスにはケーキを食べましょう」とキャンペーンを展開し、それが徐々に広まり、現在では「クリスマスといえばクリスマスケーキ」というくらい文化として根付きました。

もともと日本企業の不二家が企画して広めたものなので、我々日本人がイメージする普通のクリスマスケーキは日本独自のものです。

では、外国ではケーキの代わりに何を食べているのでしょうか?

スポンサーリンク

世界各国のクリスマスのお菓子

イギリス

クリスマスプディング

クリスマスプディング
クリスマスプディング

イギリスで一般的なクリスマスケーキで名前がプリンっぽいですが、ケーキやプリンとは結構見た目が違います。

ドライフルーツやナッツ、ラム酒や香辛料などが生地に入っていて、生地をねったあと蒸して、蒸したあと長期間熟成します。

食べる前に再度加熱し、フランベ(ブランデーなどをかけて火をつけ、アルコールを飛ばす)して食べます。

各家庭によってレシピや作り方がそれぞれ異なる、伝統的な料理です。

ダンディーケーキ

ダンディーケーキ
ダンディーケーキ

オレンジの皮やマーマレードが入ったフルーツケーキの1種で、上にアーモンドが飾られているのが特徴です。

イギリスのスコットランド地方にあったマーマレードの製造会社が考案したケーキで、今ではスコットランドだけでなく、イギリス各地や国外でも食べられています。

アメリカ

ジンジャーブレッドハウス

ジンジャーブレッドハウス
ジンジャーブレッドハウス

「ジンジャーブレッド」と呼ばれる生姜が入ったクッキーなどで作った「お菓子の家」がアメリカの子どもたちに人気です。

スーパーなどに組み立て式のキットが売られており、お父さんお母さんと一緒に組み立てるのが1つのイベントになっている家庭もあります。

ドイツ

シュトレン

シュトレン
シュトレン

レーズンやオレンジピール、ナッツなどが入った菓子パンで、白い粉砂糖がまぶされています。

クリスマスの期間中に少しずつ切り取って食べるのがドイツ流です。

マルツィパーン(マジパン)

マルツィパーン(マジパン)
マルツィパーン(マジパン)

砂糖とアーモンドの粉を練り上げたお菓子です。

果物や野菜、動物、人物などいろいろな形で作られ、着色もされるのが一般的です。

諸説ありますが、大司教を驚かせるために作られたという逸話を持つお菓子です。

レープクーヘン

はちみつなどが入ったクッキーのような焼き菓子です。

ドイツではレープクーヘンの最低限の品質が法律で定められていて、それを満たしていないと「レープクーヘン」という名称をつけてはいけないことになっています。

フランス

ブッシュ・ド・ノエル

ブッシュ・ド・ノエル
ブッシュ・ド・ノエル

木の形をしたケーキです。

最近では日本でもクリスマスケーキの1種類としてかなり広まってきました。

ブッシュ・ド・ノエルはフランス語で「クリスマスの木」という意味です。

クロカンブッシュ

クロカンブッシュ
クロカンブッシュ

シュークリームの皮をアメやカラメルでつなぎ合わせながらタワー状に積み上げたお菓子です。

フランスではウエディングケーキとして使われるお菓子ですが、クリスマスケーキとしても食べられています。

イタリア

パネットーネ

パネットーネ
パネットーネ

ドライフルーツが入った菓子パンです。

クリスマスの4週間前の「待降節」に各家庭で焼いて友人や親戚に配るという習慣がイタリアにはあります。

「パネットーネ」は「大きなパン」と言う意味です。

ロシア

プリャーニク

はちみつや果物、スパイスやジャムなどを加えて作る、クッキーのような焼き菓子です。

絵が刻印してあるのが特徴です。

プリャーニクの原形は紀元前にもさかのぼるとされる、とても歴史の長い食べ物です。

フィリピン

プト・ブンボン

紫色の芋で色付けされた餅菓子です。

バナナの葉っぱに乗せられ、刻んだココナッツや黒砂糖をまぶして食べます。

フィリピンのクリスマスの定番のお菓子です。

ビコ

甘いお餅です。

ココナッツミルク、黒砂糖などをもち米に加えて作ります。

オーストラリア

パヴロヴァ

パヴロヴァ
パヴロヴァ

焼いたメレンゲに生クリームを詰めて、フルーツなどを飾り付けたお菓子です。

ロシアのバレエダンサーが食べたことから、その人の名前がついたという由来を持っています。

イスラエル

スフガニア

スフガニア
スフガニア

丸いドーナツの中にカスタードクリームやいちごジャムを詰めたお菓子です。

イエス・キリストが生まれたとされるイスラエルでは、「クリスマス」はなく、代わりに「ハヌカー」と呼ばれる行事があります。

そのハヌカーでスフガニアというお菓子が食べられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました