ロシアの部分的動員とは何のこと?導入されるとどうなるの?

部分的動員 政治・経済
スポンサーリンク

9月21日、ロシアのプーチン大統領が「部分的な動員を実施するための大統領令に署名した」と国営テレビを通じて演説を行いました。

これはどのような意味なのでしょうか?

スポンサーリンク

部分的動員とは?

今回ロシアが行おうとしている「部分的動員」とは、「(一部の)予備の兵をウクライナとの戦争に参加させる」という意味です。

つまり、「現役の軍人以外のロシア国民に招集をかけて、ウクライナとの戦いに参加させる」ということです。

もっと簡単に言うと「ロシアが援軍を送る」ということです。

今回招集されるのは、軍務経験がある予備役のみだとされています。

引退した軍人などを集めて戦地に向かわせるということです。

部分的動員を行うのは兵力の増強が必要になったからであり、ロシア軍がウクライナ東部で苦戦していることを受けてのことだと思われます。

スポンサーリンク

部分的動員で何が起こる?

援軍を送るので、ウクライナで戦うロシア軍の兵の数が増えます。

このため、戦闘中のウクライナ軍にとっては不利に動く可能性が高いです。

ただ、導入されるのが現役の軍人ではなく、予備の兵であるため、その実力がどの程度なのか不明です。

どちらにせよ戦いは長引き、双方とも被害が拡大する可能性が高くなります。

プーチン大統領は「国家と国民を守るために使える手段をすべて行使する」とも発言しており、ウクライナ侵攻を止める気配はないような姿勢を示しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました