【鎌倉殿】阿野時元(あのときもと)とはどんな人物?全成の子が敵に

阿野時元 映画・ドラマ
スポンサーリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に阿野時元(あのときもと)という人物が登場することが判明しました。

あまり聞き馴染みのない名前だと思うので、どんな人物なのか、ごく簡単にまとめます。

スポンサーリンク

阿野時元(あのときもと)とは?

阿野時元は、源頼朝の弟・阿野全成の四男です。

父の阿野全成は、2代将軍・源頼家と対立して殺されてしまいます。

関連記事:阿野全成の最期

このとき阿野時元は北条時政、北条政子らの尽力によって難を逃れており、父・阿野全成の領地である駿河の国に匿われていました。

ちなみに母は、北条時政の娘である「阿波局(ドラマでは実衣)」です。

スポンサーリンク

阿野全成の子の謀反

「吾妻鏡」によると、阿野時元は3代将軍源実朝の暗殺後に挙兵をしたとされています。

理由としては、次の将軍の座を狙ったといわれています。

阿野時元は源頼朝の弟・阿野全成の子ですので、源頼家・源実朝からみると従兄弟にあたり、源氏一門でもあります。

血筋から言えば将軍の座についてもおかしくはないのでしょうが、挙兵時に兵が集まらず、もたついている間に北条義時の手勢によって討ち取られたとされています。

この時期、権力を握っていた北条政子や北条義時は宮将軍(天皇の血筋の将軍)を望んでいたようで、源氏の血筋の者が次々と粛清されていました。

阿野時元の討伐もその一連の流れの中で起こっています。

「吾妻鏡」では阿野時元が謀反を企んだとされていますが、もしかしたら先に北条方が追手を差し向け、それに対抗しようと兵を集めて戦った結果敗れてしまったのではないか、とも最近の研究では言われています。

北条義時や北条政子にとって阿野時元は甥にあたります。

ですが、散々身内を排除してきた北条氏には、今さら甥を討伐することなど造作もなかったのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました