118番の日という記念日があるけど118番はどこにつながる?

海上保安庁 雑学
スポンサーリンク

1月18日は「118番の日」とされています。

カレンダーをみて、「ん?118番?」と思った方もおられるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

118番の日という記念日

1月18日は「118番の日」として制定されています。

これは、緊急電話番号の「118番」の認知度を高めるために海上保安庁が設定しました。

110番、119番に比べて知名度が低い118番の存在を知ってもらうのが目的です。

スポンサーリンク

118番はどこにつながる

電話で「118番」をかけると、海上保安庁の関係機関に繋がります。

海上で起きた事件や事故に対応するためです。

海難事故だけでなく、密航、密輸、機雷などの不発弾発見、不審船発見などの場合の連絡先となっています。

118番の電話番号が導入されたのは2000年のことです。

割と最近導入されたこともあり、まだまだ認知されているとは言えない状況です。

有効通報(本当に海上保安庁が動かないといけない案件でかかってきた割合)は、1%とかなり低いのが現状です。

104(電話番号案内)や117(時報)、177(天気予報)、110(警察)、119(消防・救急)と間違えて電話する人が多いようです。

また、札幌市の電話番号は011-8××と始まるので、最初の0を押し忘れると118番にかかってしまいます。

こういったことから、本来の目的ではない電話が多い緊急電話番号となっているようです。

スポンサーリンク

110番や119番との関係

「海の事件・事故は118番に電話」という認識はまだまだ世間に認知されていないのが現状だと言えます。

そのため、海での事件・事故を発見した場合、多くの人は110番や119番に電話をかけてしまうのではないかという懸念があります。

この場合はどうなるのでしょうか?

海上保安庁は、118番が広まっていないということを認識しているようで、この件に関して警察・消防と綿密な連携を取っています。

もし、海上での事件・事故、密輸や不審船発見などで警察や消防に連絡が入っても、すぐに海上保安庁に取り次げるような仕組みができているとのことです。

110番、119番と間違えても大丈夫そうですが、時報の117番と間違えるとえらいことになりそうなので気をつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました